酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒が立ちふさがる時(断酒4年244日目)

f:id:anomiyakun:20171113195750j:plain

 断酒初期で苦しい方から、時たまコメントを頂く。

 

 酒が行く手に立ちふさがり、断酒の前進を阻まれている状態とお見受けする。私のみすけが、断酒初期の頃、かなり苦しい思いをしたので、そのお気持ちは、痛いほど良く分かる。

 

 それまで好きなだけ酒を飲んでいた人が、いきなり酒を断つと、ほぼ100%の人が、迫りくる飲酒欲求に悩まされる。これが無ければ、断酒はなんと楽なことだろうか。

 

 この苦しさは、本人が味わって、克服するしかない。誰かに代わってもらうとか、薬を飲むと治るとか、そんな甘いものではないのだ。

 

 断酒初期の苦しさを乗り越えて、今や飲まないことが当たり前になった、私のみすけの経験からアドバイスをさせてもらうなら・・・

 

 同じ苦しさでも、酒を飲めない苦しさと、飲んでしまった後の苦しさを天秤にかけるのが一番効果的である。

 

 酒を飲めない苦しさから逃れるには、酒を飲んでしまうことだが、それをしてしまったら、結局は自分が断酒を選んだ原点に戻り、もっと酷く苦しむことになる。

 

 断酒の苦しみは、時間とともに軽くなるが、そこから逃れるために酒を飲んでしまった後の、後悔や自己嫌悪の苦しみは、時間とともにいや増す。そこから逃れるために更に酒を飲む、悪循環に陥る。

 

 ならば、断酒の苦しみを苦しんだほうが良い。

 

 だが、一人で悶々と苦しむのは、良くない。酒を断つために利用出来る場所、人、組織は、大いに利用するべきだ。

 

 医療機関、カウンセラー、断酒会やAAなどの自助の会、その他、探せば、断酒の苦しみに救いの手を差し伸べてくれている所は、あなたの周囲に結構あるはずだ。

 

 私のみすけは、断酒に徒手空拳で立ち向かったが、今思えば、もっと周囲に助けを求めたほうが気持ちが楽になったはずである。何しろ、断酒に関しては何の知識も無かった。

 

 断酒を始めた者にとって、本当に酒は厄介である。どこにでも売っているし、簡単に買えるし、飲んだところで、法律に触れるわけでもない。自分で自分を制するしかないのだ。

 

 さて、ここからが肝心。

 

 断酒した自分の目の前に酒が仁王立ちで立ちふさがっている時、これに闘いを挑んではいけない。酒に勝てるわけがないので。

 

 遠回りして逃げる、飛び越して逃げる、踵を返して逃げる、なんでもいいから、酒に近寄らず、決して触れないようにして、さっさと酒から逃げるのが一番良い。

 

 それと、どうせ苦しいんだからと開き直って、「逆に断酒生活を楽しんでやろうじゃないの!」

くらいの気持ちがあると、また違って来る。

 

 酒如きに自分の生活を振り回されてたまるか!

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》