酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒害を正視する(断酒4年255日目)

 【酒害】

 

 辞書によれば、酒の飲み過ぎにより、身体に生じる害とある。

 

 酒害を正しく定義するには、もっと広く、酒を飲み過ぎた人が起こす犯罪行為による害まで含める必要がある。

 

 まあ、しかし、のんべーは、酒害など考えない。何故ならば・・・

 

f:id:anomiyakun:20171124202557j:plain

 酒害を正視すると、まともに酒が飲めなくなる、うまい酒が不味くなる。

 

 だから、ほっかむりを決め込んで、自分だけは酒害とは無関係だと、好きなだけ酒を飲む。

 

 私のみすけは、断酒前の飲んだくれ時代の31年間、そもそも【酒害】なる言葉を意識したことが無かった。自分とは全く関わりのない、別世界の言葉だと認識していた。アル中が自分とは無関係だと思っていたのと同じだ。

 

 自分の酒の問題に気付いてから、【酒害】にきちんと向き合い、学ぶことによって、アルコールの人体に対する害悪の恐ろしさが身に染みた。

 

 自分が今まで毎晩浴びるほど飲んで来たこの酒なる飲み物は、一体何だったのか。このことに気付いたのが遅すぎたわけだが、幸いにして私の場合、身体へのアルコールの害は、ひょっとして脳が委縮しているかもしれない程度であった。

 

 その他の臓器は、生まれつき頑丈だったのか、単なる幸運だったのか、今のところ正常に機能している。

 

 私は酒を断ってから酒害を正視したが、実際のところ、飲んだくれている最中であれば、酒害などお構いなしであろう。

 

 そんなことはどうでも良い、自分には関係がない!

 

 ところが、どんな酒害でも、酒害は全て、正視に耐えない。

 

 アルコール依存症が進み、重症化した場合、若くても既にその人生は終焉に向かっているのだ。

 

 酒のことしか頭になく、生活全てが酒に支配され、自分一人の人生だけでなく、家族を巻き込み、大きな負のスパイラルとなって、地の底へと落ちて行く。最初はたった1杯の酒から始まったはずなのに、気付いてみれば、底なし沼だ。

 

 そうなる前のどこかで、酒害を正視することが出来ていれば、或いは酒を断つ道も見えたのかもしれない。

 

 私のみすけも、いつも書いているけれど、もっと早く断酒すれば良かった。酒害について、もっと早く認識できれば良かった。

 

 今の世の中、酒害は巧妙に隠されている。わざと問題飲酒者に気付かれにくいように、隠ぺいされている。

 

 もっともっと、酒害について、ほんの少しでも目に付くように、私のブログなど微々たる力にしかならないが、これからも訴え続けて行こう。

 

 はっきりしているのは、酒害あって酒益なし!なのである。

 

 2014/2/6
 『酒害あれども酒益なし!?(断酒329日目)

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》