酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

【一杯くらい】の罠(断酒4年261日目)

f:id:anomiyakun:20171130205538j:plain

 「一杯くらい、良いじゃないですか!」

 

 メルマガ読者の方(Sさん)から、この季節にとてもタイムリーなメールを頂いた。

 

 Sさんが友人との食事の時、

「酒を控えてる。たまに飲むけどワインを1杯飲むだけ。」と、友人が言い、実際にワインを一杯だけ飲んだそうだ。

 更に、その友人はSさんに、

「少しくらい飲んでいいんじゃない?飲みすぎなかったら。」と、一杯のワインを勧めたとのこと。もちろん、酔っ払ってもおらず、本当に一杯くらい味わったらどう?との善意だったことだろう。

 

 Sさんは、たまに美味しい酒を少しくらい飲むのもいいかな、との考えが頭を過ったそうだ。

 

 因みにSさんは、それでも踏みとどまって飲まなかった!

 

 さて、私のみすけはこれを、【一杯くらい】の罠と名付けてみた。この罠には、厳重なる警戒が必要だ。

 

 そう。この罠には、最近のメルマガにも書いたのだが、断酒初期の頃私を励まして下さった、断酒の先輩MIKIさんのコメント、

「グラスを手に取りそうになった時に、その一杯で失うものをよく考えて下さい。」

が、一番の薬となる。

 

 話はとても簡単で、本当に一杯だけで済めば、問題はない。但し、元飲んだくれの、飲酒のブレーキやらストッパーやらが壊れている人間にとっての一杯は、大量飲酒への導火線に点火することと同じなのだ。

 

 そもそも、自分の問題飲酒の始まりは、たった一杯の酒だったのではないか。

 

 せっかく酒を断っているのに、【一杯くらい】の罠にハマることもないだろう。

 

 この世の酒飲みには二種類あって、【一杯くらい】を本当に一杯くらいで済ませられる人と、【一杯くらい】がきっかけで、何杯も飲んでしまう人とが存在するのである。

 

 さて、自分は、前者か、後者か?

 

 「たった一杯くらい!」 

のはずが 、

 「あの一杯から元の飲んだくれに戻ってしまった!」

に、なるのは、間違いないのだ。決まっていることなのだ。

 

 もしも、「絶対にそんなことは無い!自分だけは大丈夫だ!それを証明してやる!」

と思った方は、どうぞ、お試しを・・・そして、その結果を報告して頂けると、嬉しい(笑)

 

 事ほど左様に、【一杯くらい】の罠は、これからの季節、至る所に仕掛けられており、十分に注意していないと、罠に掛かる。

 

 酔いから醒めて、「しまった!やられた!」と気付いたら、それを糧に、また断酒すれば良いだけだが、今までせっかく断酒していたのに!と、かなり落ち込むかもしれない。

 

 私たちには【一杯くらい】の酒が、【一升くらい】の酒と同じ意味を持つのだ。油断してはいけない。 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》