酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

嫌いを越えて酒がコワイ!(断酒4年286日目)

f:id:anomiyakun:20171225210932j:plain

 断酒開始以来、ずっと嫌酒でやって来たのだが、、、

 

 報道されない日がない、飲酒運転事故や、酒絡みのニュース。

 血液脳関門をやすやすと通り抜け、脳をいたぶる、アルコール。

 過度に飲み続けるうちに、確実に身体を蝕む、酒。

  

 断酒生活も安定期となって、酒を嫌う感情はほぼ消失し、酒を無視出来るようになったと喜んでいた。

 

 ふと、今朝方、ネットで、日々繰り返される飲酒運転のニュースに触れたとき、背筋がゾクゾクして、途轍もなく酒に恐怖を感じた。

 

 

 酒が怖い。

 

 恐妻、ならぬ、恐酒だ。 

 

 良く、こんなものを浴びるほど飲んでいたなぁ、と溜め息。

 

 多くの人が気軽に飲んでいる酒だが、自分にとってはとてもとても、飲むなどと言うことは、出来ない。そのような気楽さを越えている。

 

 心理的には、嫌うより恐れる方が、更に酒から離れることが出来るだろう。

 

 断酒5年目にして、もう一段階進んだのか、それとも、後退したのか分からないが、酒に手が出ないことに変わりはない。

 

 酒を嫌うのと、恐れるのと、どちらが断酒に効くのか考えてみると、嫌うより恐れる方が強いような気がする。

 

 この寒い時期に、日中から片手に缶ビールとか缶酎ハイを持って、飲みながら歩いているアル中がいるけれど、今日彼らを見たら、ますます酒に対する恐怖が増した。

 

 囚われの身のまま、一生を終わる人は、酒に対して何も考えることもなく、ただ、本能の欲するままに、朝からでも酒を飲む。どんなに寒くたって、冷えた酒を飲む。

 

 ここのところ、酒を忘却した積もりで、割と安定した日々を送って来たが、実は、心の奥底では酒について考えているようだ。飲酒がらみのニュースが目に飛び込んで来るし、酒を見ると、ゾクゾクと悪寒が走るし。

 

 この酒がコワイ感覚は、言葉で説明するのが難しい。普通に酒を楽しんでいる人からしたら、「バカじゃないの?」と、疑惑の目を向けられてしまう。

 

 これは別に、酒好きの人に理解してもらいたいとも思わないので、自分の中だけで十分である。

 

 酒がコワイ。だから、近づかない。

 

 嫌いだった頃より、更に酒に対して距離が遠くなった。

 

 蛇足だが、落語の「まんじゅうこわい」を思い出してしまった(笑)

 (今の私は、まんじゅうなら、いくらでも食べられる!)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》