酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

相容れず飲む人は飲め我は断つ(断酒4年307日目)

 【氷炭相容れず】

 

 性質が全く違っているので、お互いに受け入れない、調和しないこと。
 ガチガチに凍った氷と、メラメラ燃える炭火が共存できないことから。

f:id:anomiyakun:20180115210230j:plain

 

 酒を断つ人は酒を飲む人を、

 酒を飲む人は酒を断つ人を、

斟酌も忖度もしないし、する必要もない。

 

f:id:anomiyakun:20170822142906j:plain

 何故ならば、お互いに相容れないからである。

 

 実際には、心優しい飲酒者も存在する。そういう人は、静かにゆっくりと酒を味わい、他の人に飲酒を強要したりは決してしないし、断酒している人への理解もある。世の中、こういう酒飲みばかりならば、酒が原因の事件・事故も起こらないと思う。

 

 何を勘違いしているのか、たまに、この断酒ブログに、酒好きの人から批判のコメントが入る。

 

 私は、酒好きの人に、酒をやめろとは言わない。どうか好きなだけ飲んでほしい。

 

 私がこのブログで、断酒を応援しているのは、酒をやめたい人、やめた人だ。自分の飲酒に問題があることに気付いた人だ。

 

 同じ量を飲んで、同じような問題を抱えていても、それに気付くかどうか、やめよう、やめたい、やめなければ、と、思うかどうかで、氷か炭火ほどに全く違うのだ。

 

 それなので、飲み続けたい人は、酒を好きなだけ飲めばよろしい。どうか、他人に迷惑を掛けないことだけ守って、酒を飲んでほしい。

 

 これは、断酒の門に立つかどうか、つまり、自分がアル中であることを認めるかどうかの違いでもあるのだ。

 

 断酒の門の扉はいつでも開いており、誰でも入ることが出来るのだが、酒をやめる気のない人は、そもそも、そんな門の存在など全く意に介さない。

 

 酒をやめたいと、ほんの少しでも考えた人には、断酒の門が見えて来る。後は、その門を潜るか、通り過ぎるか、自分の判断である。

 

 まあ、そんなわけで、私やこのブログに集う断酒仲間は、酒をやめたのだ。全く違う世界に生きている。

 

 飲む人は飲め!我は断つ。

 

 自分の飲酒は、ヤバいのではないか。もう、飲み続けるのはやめたほうがいいのではないか、と少しでも思ったことのある人は、断酒の門へ、ウェルカム!である。

 

 一緒に酒を断ち、爽やかな暮らしを送ろうではないか!

 

 酒から解放されて生きる、これを一度体験してほしい。

 

 私は31年間飲んだくれて来たが、たった1年間飲まない生活を送ったら、もう、酒なし生活の他は考えられなくなり、もう少し(2か月後)で、丸5年になる。

 (たった1年間と言っても、この1年間は、自分の一生の中で一番長かったような気もするが・・・) 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》