酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

徐々に・段々と・しかし確実に変わる!(断酒4年312日目)

f:id:anomiyakun:20180120224618j:plain

 今日は、息子が小学生時代に所属していた少年野球チームの卒団式があった。

 

 今でも微力ながら、ほんの少しお手伝いをしているので、毎年呼んでもらい、出席している。

 

 結構な長丁場で、帰宅が遅くなり、ブログの更新も遅くなった。

 

 断酒のいいところは、そう言った場でも素面で楽しみ、普通に帰宅して、やりたいことが出来ることだ。

 

 ちょうど5年前だが、この卒団式の後、一緒になった人と居酒屋へ繰り出し、へべれけになるまで飲んで、寒風の真夜中、自宅マンションの前で寝込んでいた。

 

 人間、変われば変わるものだと、つくづく思う。

 

 私が変わっただけではなく、周囲の人の私への接し方も変わった。

 

 「お酒飲まないんですか?」

 「なんでやめたんですか?」

 「少しなら飲めばいいじゃないですか?」

 

 これは、断酒初年度~2年目くらい。

 

 今では、こんな感じ。

 

 「えっと、ウーロン茶でいいのかな?ジュースにする?」

 「はい!お酒飲まないのみすけさんは、これ、コーラね」

 「甘いもの、余っちゃったから、お菓子持って帰ってね」

 

 酒をやめた直後から一年くらいは、自分が断酒したこと、どんなに少量でも絶対に飲まないこと、なぜやめたのか、など、聞かれなくても話したりしていた。

 

 これがまことに面倒くさくて、そう言った飲み会にはなるべく出ないようにもしていた。

 

 最近感じているのは、断酒に慣れることは、引っ越しに似ているな、と。

 

 私は、独身時代から今日まで、引っ越しを十数回経験している。

 

 住み慣れたところから、見知らぬ街に引っ越した当初は、かなりの違和感を感じ、ここで暮らしていけるのだろうか、と不安になる。

 

 それでも、1週間、ひと月、半年、1年と経つ内に、徐々に、段々と、その土地に慣れて馴染んでくる。

 

 あれほど不安だったのに、そこで1年も生活を続けると、「住めば都」になる。

 

 断酒は、心の引っ越しだ。

 

 住み慣れた飲酒部屋から、新しく見つけて入居の契約をしたばかりの断酒部屋へ、何も持たずに引っ越す。

 

 断酒部屋へ引っ越したばかりの時は、キツい、辛い、思いが前面に出て、この飲酒欲求何とかならないものか!とイライラすることもある。だが、実は、徐々に・段々と・しかし確実に、心は変化しているのだ。

 

 いつも書いているけれど、本当に断酒を実感出来る期間は、1年。

 

 多くの人が、1年の期間に賛意を表明する。

 

 騙されたと思って(騙しはしないけれど!)、どうか、1年間酒を飲まないでいてみてほしい。

 

 きっと、1年経過したときに、のみすけが言っていたことは本当だった!と、徐々に・段々と・しかし確実に自分が変わったことを実感して頂けると、確信している。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》