酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒へのスタンス様々(断酒4年313日目)

 私は「スタンス」と言う言葉が好きなんだな。

 

 ちょっと数えて見たら、30記事以上も「スタンス」を本文に使っていた。

 

 これまでも、酒を断つことさえ出来ているなら、酒に対するスタンスは、人それぞれで良いし、あれはダメとかこれならいいとか、そんなことは無いと主張して来た。

 

 メールやコメントで、断酒仲間の読者の方の酒に対する考え方が届く。メルマガを始めてから、それが増えて来た。

 

 ひとつ、はっきりとした傾向が分かって来た。

 

 断酒があるていど落ち着いて、割と長い期間続けている方は、酒及び飲酒に関して、はっきりとしたスタンスを確立している。

 

 かつての私のように、酒を徹底的に悪者にして、嫌うことであったり、

もっと恬淡と、酒との距離を取ることであったり、

酒には感謝し、好きなままだけれど、もう、十分に飲んだから、卒業する、だったり。

 

 断酒が辛くキツかった頃の私は、酒を大嫌いになることを工夫し、酒の悪い点を徹底的に調べ上げ、とにかく酒に対する自分の考え方を変えた。

 

 それで、酒を嫌いになったら、断酒がとても楽になった。

 

 今の私は、酒を好きとか嫌いとかの対象とは思わず、ただ、自分の飲み物リストからは消えた。

 

 私の場合は、断酒の期間と共に、酒への思いが変化した。

 

 断酒仲間のみなさんはどうだろうか。

 

 酒は悪魔の飲み物だと言う方。

 酒は今でも大好物だと言う方。

 

 私は、酒はなくならず、いつまでもあるし、飲みたい人は飲めばいいし、やめなければならない人もいるし、個々の人に応じた飲み物だと考えている。

 

 最近は、かつてのように酒に対して毒舌を吐かなくなった。

 

 盛んに酒に対する毒舌を吐いていた頃は、酒に対する執着心がまだまだ強かったのだろう。

 

 今は、酒に執着することが無くなった。

 

 さて、話変わって、本日は、パシフィコ横浜へ、フィッシングショーを見に行ってきた。

 

 昨年も来たけれど、年々釣り人気が高くなってきているのか、来場している人の数が倍増しているように感じた。 

 

 科学技術の進歩と共に、釣りに使う道具も、私が子供の頃に比べたら、考えられないくらいに変わり、選ぶのに苦労するほどの色んな種類の製品が出ている。 

 

f:id:anomiyakun:20180122065630j:plain

 色んなメーカーのブースを見て回るだけで、実に楽しかった。

 

 趣味は《酒》、と聞けば、なんだそりゃ!?そんなもん趣味とは言わんだろ!

と思うけれど、

 趣味は《釣り》、ならば、ふむふむ、と頷く。

(写真は、釣り餌マルキューのコーナーで、エド山口さんとのみすけ)

 

 酒を断つことは、当たり前の人生を送るための、第一歩なのだ。

 

 先ず、断酒してみよう。 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》