酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒が落ちて人生が輝きだす(断酒4年314日目)

f:id:anomiyakun:20180122203704j:plain

 「目から鱗が落ちる(メカラウロコガオチル)」

 

 これは、何かのきっかけで、良く分からなかったことが、明確になったり、頑なに信じていたことが、実は全くの間違いであったと悟ったりすることだ。

 

 この故事成語の出典は、新約聖書の使徒行伝(使徒言行録)の第9章。

 

 詳しくは、インターネットでも読めるので、読んで頂くとして、ざっと書くとこんな感じだ。

 

 使徒パウロは、最初キリスト教会を迫害する側だった。

 ある日、キリストの声が聞こえた時から、3日間、何も見えず何も食べなかった。

 キリストに使命を受けたアナニヤと言う人が、パウロの頭に手を置き「兄弟パウロよ・・・」と文言を伝えた。

 すると、パウロの目からうろこのようなものが落ち、すぐに目が見えるようになった。

 

 ただ目が見えるようになったのではなくて、この時、パウロは、キリスト教会を迫害する人から、キリスト教を述べ伝える人に変わっていた。 

 

 目から鱗ではないけれど、私は、自分と言う人間から酒が落ちた。落ちるまで1年はかかったけれども。

 

 「落ちた」意味は、くっついていたものが取れた、病気・憑き物が除かれたこと。

 

 酒に堕ちていた自分から、酒が落ちると、人生がきらきらと輝きだす。

 

 私がブログ更新を毎日続け、メルマガも出して、断酒仲間の方との交流を楽しんでいるのは、それまで飲んだくれていた人から酒が落ちて、その人の人生が輝きだすのが分かり、単純に嬉しいからである。

 

 但し、酒の鱗(ウロコ)は、すぐには取れない。最低でも1年はかかる。けれども、これ、酒の鱗が落ちてしまうと、今までの酒への執着や思い入れは一体何だったんだ!と、不思議な思いをする日が来る。

 

 外見は同じ自分でも、酒が落ちたことによって、中身が変わったのだ。

 

 困ったことに、一度落ちた酒の鱗は、何かの拍子にまたくっつくことがある。落ちるまで1年もかかるのに、再度くっつくのは、ほぼ一瞬である。クイッと酒を飲んでしまえば、あっと言う間に酒の鱗がくっつく。

 

 酒の鱗で周囲に酒しか見えなかったのが、それが落ちると、今までふさがれていた視野が広がり、あらゆものが新鮮に見える。

 

 私は、道端に力強く生えている雑草の花まで目に入り、愛おしく感じるようになった。

 

 最初の一年間は、道を歩くと目に入る花々、雑草から、どなたかが丹精込めて育てているものまで、写真を撮りまくっては、ブログにUPしていた。

 

 いつだってそこにあるのに、酒の鱗によって見えなかったものが、断酒によって見えるようになるのだ。

 

 物理的に存在するものばかりでなく、家族の愛情など、他の人の自分に対する思いやりに気付くことも、しかりである。

 

 酒の鱗が落ちると、飲んだくれ時代には見えなかったものが見え、感じなかったものを感じるようになるのだ。 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》