酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

自然に治る病、治らない病(断酒4年324日目)

f:id:anomiyakun:20160102153250j:plain

 

 やっと、癒えてきた。

 

 朝、起きた時に、身体がどんな状態か分かる。昨日までは、重く、起き上がれなかったが、今朝は、ほぼいつもの朝と同じだった。

 

 ほんの少しだけ咳と微熱が残るだけだ。

 

 私が、風邪と、インフルエンザでは医者へは行かないのは、これまでの経験から、医者へかかってもかからなくても、治る期間に変わりがないことを知っているからである。

 

 もちろん、これは自分で自分の身体の状態を把握出来ているからであって、他の人には、医者へ行きなさいと勧める。それに、医者へ行った方良いと判断すれば、躊躇なく行く。

 

 余程のことが無い限り、風邪もインフルエンザも、ひたすらその症状のままに安静にしていると、発熱することにより、原因菌やウィルスをやっつけて、その内に、治る。

 

 このように、自然に治る病もあれば、糖尿病やアトピー性皮膚炎などのように、管理が必要な病もある。

 

 やっと癒えつつあるインフルエンザ(たぶんA?)から、そんなことを考えた。

 

 アル中(アルコール依存症)は、放っておいても治らないし、酒を断っても治らない、不治の病だ。

 

 ただ、幸いなことに、他の病と違って、酒を断つことにより、発症しないようにコントロールすることが出来る。これは数ある病の中でも、アル中だけではないだろうか。

 

 これまで何度も書いた言葉「一病息災」だが、その一病が、アル中であるなら、これほど幸せなことは無いと言える。

 

 アル中ほど、原因と対処法が単純で明快な病は無い。

 原因:飲酒、対処法:断酒

 たったこれだけなのに、四の五のと屁理屈をこねて、御託を並べて、断酒をしない人がいるので、アル中をこじらせてしまうのだ。

 

 どんなに立派に屁理屈をこねても、どんなに見事な御託を並べてみても、結局は飲んではいけない人が酒を飲み続けているだけである。

 

 たまに風邪やインフルエンザでダウンするが、調子が悪くて動けない時こそ、普段の何でもない健康な時間が如何に大切かが良く分かる。

 

 ブログを読んで下さる方にはご心配をおかけしたが、今日でやっとほぼいつもの日常に戻ることが出来た。

 

 辛い時に頂く温かい言葉には、本当に癒される。断酒で辛い初年度の頃に頂いた、励ましのコメントを思い出した。

 

 コメントや、メールでの多くの励まし、まことに有り難うございました。 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》