酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

禁煙ほめられ、断酒うとまれ(断酒4年331日目)

f:id:anomiyakun:20180131091347j:plain

 今、メルマガで、断酒と禁煙について特集している。

 

 ある読者の方が、断酒と禁煙を同時にしたいけれど、経験された方がいたら、是非、コツを教えてほしいとのことで、読者の方の経験談を、メールで寄せて頂き、仲間で共有している。

 

 そんな中、ある方から、興味深いメールが、今日届いた。

 

 職場の新年会に出席された時に、以下のようなことをお感じになったそうだ。

 

 【世の中は、禁煙に対しては好意的なのに対して、禁酒(断酒)に対しては理解があまり無いので、禁煙の方がしやすいように思いますが・・】
 【 断酒をした私は「何故飲まないのか?」散々聞かれましたが、禁煙した人は「すごいね~」と誉められていました。】

 

 私は、読んでいて、なるほどなるほど、その通りだと、思わず唸った。

 

 禁煙だと、「エラいね、良くやめられたね」 

 断酒だと、「え!なんでやめたの?飲めばいいのに」 

 

 たばこも酒も、同じように依存性があり、身体には毒物なのに、この違いは、いったいどうしたことか。

 

 これは、たばこと酒を、人に勧める時にも全く同じである。

 

 たばこを、「ま、1本どうぞ!いいじゃないですか!」などと、吸わない人には勧めない。

 酒は、「まあまあ、いいじゃないですか、1杯くらい!さあさあ!」と、やめた人、飲まない人にしつこく勧める。

 

 そもそも、酒は飲むべきものであって、やめてはならない、みたいな、酒に関する不文律が存在しているのに対して、たばこに関しては、そんなものは無い。

 

 だから、禁煙はほめられるが、断酒はうとまれるのだろう。

 

 たばこは、これまでこれでもか!と、悪者にされ、隅の方へ押しやられて来たので、禁煙することは、とても良いことだと、世間の人々の共通認識になっている。

 

 それに対して、世の中は、飲酒礼賛の風潮である。夜、または休日の昼間、大人が集まれば、必ず出て来るのが、酒だ。

 

 冒頭のメールを下さった方は、こう言う悩みも書いて下さった。

 

 【周囲が飲む人ばかりだと特に断酒は孤独ですね。】

 【私は飲まないで人とコミュニケーションを上手く取る方法を知らないかもしれません。】

 【飲まなくてつまらないと言われても、私は誰のためでも無く、自分のために断酒をしています。】

 

 これは、飲み会での考え方を少し変えるだけで、乗り越えられる。

 

 飲む人、つまり酔っ払いに自分を合わせようとするから、孤独を感じたり、つまらないと言われることが気になるのである。酔っ払いは、アルコールが脳に回って、つまり薬物の作用でラリッているだけなのだ。

 

 だから酔っ払いなんぞは放っておけば良く、おいしい料理を食べながら、その酔態を観察して、楽しんでやればいいのだ。

 

 で、さっさと帰ってしまうのがよろしい。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》