酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒ブログにかける思いとは(断酒4年340日目)

f:id:anomiyakun:20110724004110j:plain

 ついに、この断酒ブログを書き始めてから、4年と12か月目に入って来た。

 

 来月の半ばを過ぎると、丸5年となる。

 (断酒4日目から書き始めたので、一番苦しんだ魔の3日間の記録は存在しないが。)

 

 最初の1年をクリアしたら、2年目からはかなり楽になり、自分の断酒のためとしてのブログを綴ることはしなくても、そのまま行けそうだった。

 

 だが、いつの間にか、毎日更新しているブログを読んで、一緒に断酒をして下さる方からのコメントが日々入るようになり、自分ひとりだけのブログではなくなっていた。

 

 私がブログを書き続けているのは、次のような理由による。

 

 第三者が見て、酒を飲み過ぎることが問題だと思われる人が二人(A、B)いるとする。

 

 Aさんは、酒&飲酒が命であって、自分の飲酒の問題に気付くどころか、酒となら心中しても良いと思っている。

 

 Bさんは、日々過分なる飲酒をしつつも、自分の酩酊状態が異常であることに気付き、酒をやめたいと思っている。

 

 Aさん、Bさんの、どちらが断酒ブログを探して読むだろうか。

 

 もちろん、Bさんである。 

 私は、Bさんのような人を応援したい。

 

 これまで日々書いて来たブログは、その記事数が1800を越え、それら膨大な文章の中に、断酒関連の色んなキーワードが散りばめられているので、結構検索でヒットするようだ。

 

 かなり昔に書いた記事に、たまにコメントが入って来て驚くことがある。

 

 私もそうだったのだが、断酒初期の頃は、とにかく酒を飲めないことが不安で苦しく、この断酒している不安定な精神状態は一体いつまで続くのか、とか、どうしたら楽になるのか、とかを、先人の経験談の宝庫のブログに求めた。

 

 先を行く人の断酒ブログには、赤裸々な経験や思いが書かれており、とても参考になった。

 

 なので、私も、後から続く人に、自分の経験を教えてあげたいし、自分の意志で酒を断とうとしている人を応援したいのだ。だから、ギネスに挑戦!の積りで、毎日の断酒ブログ更新を続けている。

 

 たまたまネット検索で、自分が書いた断酒記事が誰かの目に留まり、それがきっかけとなって、断酒へと歩みを進めて下さったとしたら、これは望外の喜びである。

 

 イギリスのことわざで、

「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」

(You can take a horse to the water, but you can’t make him drink.)

と言うのがある。


 馬が水を飲むかどうかは、馬が喉が渇いているかどうか、それは馬次第。人に当てはめれば、酒をやめるかどうかは、本人次第。やめる気の無い人に、断酒を勧めても意味が無い。

 

 けれど、めちゃめちゃ喉が渇いていれば、馬はごくごく水を飲むはずで、人間も、本当に断酒したければ、先ずは何とか実行へと進むはずなのだ。

 

 だから、私は、そのことに気付いた人を、これからも応援する。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》