酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

深酒を朝猛省も夕に飲む(断酒4年356日目)

f:id:anomiyakun:20160216125628j:plain

 今朝方、Kさんから、二日酔いで苦しいとコメントが入っていた。

 

 Kさんの心境は、同じことを過去に何度も体験している私には、 手に取るように分かる。

 

 その後、Karoさんから、断酒宣言と、断酒に至るまでの経緯のコメントが入り、こちらも、私がかつて経験したような、飲みっぷり。

 

 断酒を決意する前の私は、二日酔いに苦しむ朝に、もうあんなに飲まない!いいところで切り上げる!と、自分の飲酒に決まり事を設けるのだが、酒の抜けた夕には、そんなことを忘れて、酒を飲みふけるのであった。

 

 まさに、これは、苦しい朝に自分の飲酒に対して設けた決まり事を、夕方には好きなだけ飲む方向へ変えてしまう、飲み方の「朝令暮改」である。

 

 タイトルの5・7・5に7・7を付けて、短歌風に仕立ててみると・・・

 

 『深酒を 朝猛省も 夕に飲む 宿酔去れば 飲酒欲勝つ』

 (ふかざけを あさもうせいも ゆうにのむ しゅくすいされば いんしゅよくかつ)

 

 朝、あれほど猛烈に後悔し、反省したのに、身体がアルコールを排出してしまい、苦しさが去れば、ムクムクと飲酒欲が湧いて来て、朝方の気持ちはどこへやら、飲みたさに、結局は負けてしまうのだ。

 

 ここで、負けないためには、どうすればいいのだろうか。

 

 断酒の道を選ぶことである。

 

 飲み方を工夫するとか、飲む量を調整するとか、飲むスタイルを変えてみるとか、飲む事を前提にしていては、何も改善されない。

 

 飲み始めると、止まらない。決めた量など守れない。アルコールが脳に少しでも回れば、更に流入する量を増やそうと、飲むための屁理屈を捏ね繰りまわして、自分を納得させる。

 

 断酒を決めた日は、家にある酒を全部捨てて、飲みたくても我慢して、腹いっぱいに好きなものを食べてから、早めに寝てしまう。

 

 翌朝の、酒なしの朝の爽快感をたっぷりと味わい、夜の魔の時間をば、前日と同じようにやり過ごし、また、寝てしまう。

 

 と、ここまで読んで、なんらかの理由を付けて、そんなことは、自分には出来ないと思った方・・・

 

 それは、酒を飲み続けたいがための、逃げである。自分には出来ないのではなくて、したくない、やりたくないのである。

 

 断酒を、自分に出来るように工夫し、取り組んでみてほしい。

 

 二日酔いで一度でも苦しんだことのある人は、断酒するのが人生における最善の選択なのである。

 

 どんなに反省しても、後悔しても、断酒しない限りは、夕方になれば、飲みたさに負けてしまうことだろう。

 

 『断酒して 酒の抜けたる 身体にて 素面の良さを 噛みしめる朝』

 (だんしゅして さけのぬけたる からだにて しらふのよさを かみしめるあさ)

 

 寝覚めの爽快な朝、前夜、酒を一滴も飲まなかったことを思い出し、断酒の良さをとくと味わってほしい。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》