酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

慣れ注意!治ったカモが飛来する(断酒5年4日目)

f:id:anomiyakun:20180318210048j:plain

 そうカモ、違うカモ、いいカモ・・・

 カモはカモでも、アル中の《治ったカモ》には、注意が必要だ。 

 

 断酒のメルマガで、今取りあげている話題なのだが、とっても重要なことなので、ブログでも書いてみたい。 

 

 

 このカモは、私にも飛んで来たし、今でもたまに飛んでくる。

 

 頭の中では分かっているのに、これだけ長い間酒を飲まずにいられたのだから、ひょっとして、今酒を飲んでも、決めた量で済ますことが出来るのでは?

 

 と、こんな考えが浮かんで来たら、要注意だ。

 

 人により違いはあるけれど、その日からしばらくの間はコントロール出来る人もいれば、飲んだら止まらない人もいる。

 

 断酒してから5年間、私は、多くの方と話したり、本人の経験談や、精神科の医師の本や、断酒している方のブログを読んだりして来た。

 

 その結果、はっきりと分かっているので、ここで強調しておきたいことがある。

 

 酒を断ってある程度の期間(半年~数年~数十年)経ってから再飲酒した人の中で、そこから酒をコントロールして飲めるようになった人は一人もいなかった。

 

 (もしも、そう言った人がいるなら、きっとその人は、アル中ではなくて、元々適量で済ませられる人が酒を断っていただけだろう。)

 

 このことは分かっていても、自分だけは違うカモ!との、根拠のない自信、或いは楽観的な気持から、再飲酒を試みる人がいるようだ。

 

 「無駄な抵抗はやめなさい!」と言いたい。

 

 ダメなことは予め分かっているのである。

 

 《治ったカモ》が頭に出てくるのは、まだまだ酒に未練がある証拠なのかな。

 

 私は、もう酒なんぞに未練はないと公言しているが、今でもたまに、《治ったカモ》が飛来する。

 

 それは、酒を飲みたいとか、そう言った気持ちと連動しているのではなくて、やはり、長い期間酒を断っていると、それがアル中の治癒ではないかと勘違いするからのようだ。

 

 あなたにも、《治ったカモ》が飛んで来るかもしれない。着地させたら厄介なので、飛んで来たら、すぐに追っ払うことだ。

 

 「アル中に 回復あれど 治癒はなし!」

 

 《治ったカモ》は、体内に潜む飲酒をそそのかす小悪魔の囁きである。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》