酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

楽になる前の苦しみ(断酒5年11日目)

f:id:anomiyakun:20180325204112j:plain

 昨日、メルマガ読者の方(Aさん)から、断酒の苦しみを綴ったメールを頂いた。

 

 それを読んで、大事なことに気付き、その方の文章を昨日書いたメルマガに載せさせて頂いた。

 

 最近の私は、断酒初年度の苦しみから遠ざかった、今現在の自分の気持ちを中心にして、

「酒を断つとこんなにも良いことがあるよ!」

と言った内容の文章を書くことが多くなっていた。

 

 たった今、この瞬間に、断酒の苦しみを味わっている人は、今の苦しみを何とかしたい、誰かに分かってほしい、との切実な思いが強い。

 

 酒を断って、その生活に慣れてくれば、良いことがあるのは分かっている。でも、その前に、たった今、苦しいのだ。

 

 今日、昨日のメルマガに載せられた、Aさんが綴って下さった文章を読んで、Bさんから、メールが届いた。

 

 そこには、Aさんが苦しんでいる様子、置かれた状況、その他書かれている内容の多くが自分と重なり、苦しんでいるのは自分一人ではないのだと、そう言ったことが綴られていた。

 

 Bさんも、今は辛いけれど、何とか断酒の一歩を踏み出し、続けたいと書いておられる。

 

 AさんもBさんも、今は苦しいかもしれない。

 ただ、ひとつだけはっきりと言えることがある。 

 それは、今の苦しみは、楽になる前の苦しみだと言うこと。

 

 多くの病気は、苦しんだ後、更に病状が悪化することも多い。

 

 ところが、アルコール依存症の唯一の治療法である断酒は、当初は相当の苦しみがあるものの、それを乗り越えた先には、治癒はないけれど、回復がある。

 

 断酒生活に慣れて来れば、苦しかった頃が嘘のように楽になるのである。

 

 今の苦しみは、楽になる前の苦しみなのである。

 

 但し、ここからここまでが苦しくて、ここから先が楽になる、みたいな明確な線引きは存在しない。

 

 一日一日飲まない日を積み重ねる毎に、飲酒欲求の薄皮が一枚ずつ剥がれて行く。

 

 人によっても違うだろうけれど、どんな人でも、半年(六か月)でほぼ楽になり、1年過ぎれば、自分でも驚くほどに酒を欲しないようになるだろう。

 

 私も、断酒初年度を顧みて、あの辛く苦しかった日々は、今の酒なし生活を送るためには、どうしても必要だったのだと考えている。

 

 断酒の苦しみは、誰かに代わってもらうことも出来ないし、お金を払って楽にしてもらうことも出来ない。

 

 その苦しみの先にある、自分自身の楽しい酒なし生活のために、今、辛い思いをしているのだと言うこと、それを良く自分に言い聞かせて、どうか一日一日積み重ねてみてほしい。

 

 Aさん、Bさん、どうか断酒の一歩を踏み出して、そしてその先へGO!

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》