酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

自信はつくもの(断酒5年15日目)

f:id:anomiyakun:20180329225856j:plain

 断酒を続ける自信がありません。

 断酒なんて自分に出来る自信がないです。

 酒を飲まずにやれる自信がありません。

 

 多くの人が、こんな感情を抱きながら、酒を断つことを躊躇したり、或いは断酒に踏み切りながらも、日々不安に駆られている。

 

 実際に、メールをもらったり、コメントをもらたったりしている。

 

 断酒に取り組もうと考える人は、真面目な性格の人が多い。私もその一人(?!)

 

 出来るようになってから始めよう。

 

 何かを始める時、こんなことを考えたりするが、絶対に有り得ない矛盾を含んでいる。

 

 自転車に乗ることを考えてみる。 

 乗ったこともない自転車に、最初から自信がある人はいない。 

 練習して、乗れるようになって、更に実地で何年も乗っている内に、自信がついてくる。

 

 これは、断酒だけではなくて、生まれてから経験すること全てに当てはまること。 

 

 つまり、自信なんてものは、誰しも最初はなくて、あることを継続していく内に、段々とついてくるもの。 

 

 断酒も同じではないだろうか。

 

 自分で決めたことを、とにかく始めてみる。そして、続けてみる。

 自分が断酒をしなければならないことには、自信が持てるはずである。

 

 断酒5年の月日を経て、私は、酒を飲まないことについては、自信がついた。この自信は、断酒の一番最初の日にはゼロだったが、ほんの少しずつ積み上げた日々が、今の揺るぎない自信へと導いてくれた。

 

 もちろん、酒を飲まない自信はあっても、絶対に飲まないかと言われたら、病気は治っていないわけで、その点で、絶対に飲まないとは断言できない。

 

 断酒1年を越えた仲間と、オフ会などで会って、話をしてみると、共通している意識は、上に述べたものに近い。

 

 それぞれの人の色んな考えややり方で、酒を飲まないで1年の月日を過ごすことが出来ると、断酒してからいつしか芽生えた自信の木が、成長して、根を張っていることに気付く。

 

 自信は、行動し、それを継続することにより段々と付いて来るもの。

 

 やり始める前に、自信を持っている人などいないし、もしいても、そういう人のことを自信過剰と言うのである。

 

 こと断酒に関しては、始める前も、始めた直後も、自信など全く必要もないどころか、あるわけがないもの。

 

 多くの断酒仲間と一緒に断酒の日々を積み重ねることにより、いつの間にか自信がついていることに気付き、きっと楽しい気持ちになることだろう。

 

 ※追記(2018/3/30)

 言語で考えることを知らない赤ちゃんは、歩き始める時に、

「自分は歩けるのだろうか」

なんて考えない。

 最初は危なっかしい足取りで、転んでも、どこかに身体をぶつけても、ハイハイから何とか訣別しようと、歩くことを日々続ける。

 そうして、私たちも、赤ちゃん時代を経て、大人になって、いま当たり前に歩いている。

 赤ちゃんから学べるのは、先ず、歩いてみること。

 もし、近くに歩き始めの赤ちゃんがいたら、良く観察してみてほしい。歩くときの瞳は、輝き、真っすぐである。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》