酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

自分だけは大丈夫?!(断酒5年24日目)

 ふと、毎日毎日三面記事を賑わしている、酔っぱらいによる犯罪について、思ったこと。

 

 何故にこんなにも後から後から似たような酔っぱらいの事件が起こるのだろう。

 今日酔っぱらってやらかした人も、新聞やネットでこれまでに酔った人の事件を、見聞して来ただろうに。

 他山の石として、自分は気を付けようと思わないのかな。

 

 

f:id:anomiyakun:20180407190442p:plain

 自分も気を付けなければ、とは思わないのだ。

 

 自分だけは 、他の人と違う。自分だけは、大丈夫、と、根拠の全く存在しない、わけの分からない自信で、「自分だけは大丈夫!」と確信しているのだ。

 

 こう言った人は、アル中であることを認めない人かもしれない。

 

 「自分はアル中ではない!」

 

 自分は、他の飲んだくれとは違う!確かに酒は好きだけど、絶対にアルコール依存症なんかではない!

 

 実は歴としたアル中なのに、認めたくない、認めない心理は、手に取るようにわかるのだ。何故ならば、自分がそうだったから。

 

 私が飲んだくれていた頃、アル中(アルコール依存症)とは、酒を片手にフラフラあるいて、その辺の道端に倒れこんでいる、ヨレヨレの爺さんのことで、自分は絶対に違うと思っていた。

 

 それが、断酒を決意した日、つまり一夜にして、自分は酒に問題があり、断たねば今後の人生は無いことを悟った。この時は、アルコール依存症に関してのきちんとした知識は無かったけれど。

 

 自分だけは大丈夫などと言うことは絶対に無くて、自分も、その辺にいる飲んだくれと全く同じであって、一歩間違えば、犯罪の加害者か被害者に十分になり得るのである。

 

 これが分かると、酒を飲んで酔うことが怖くなる。

 

 何故ならば、酔ってしでかすことの諸々は、自分の脳に記録されていないからである。記録されない、つまり、記憶を呼び戻すことすら出来ない。

 

 ブタ箱で目が覚めて、お巡りさんに、

「あなたは、昨夜人を殺しましたよ」

と言われても、自分の記憶を辿れないから、何とも返答出来ない。

 

 自分だけは大丈夫、ではなくて、飲んだくれの自分だからこそ危ない、のである。

 

 こう言ったことを考察するに、私は断酒し、それが継続していることが、心から嬉しいのである。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》