酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

ストロング系はアル中のウイークポイント(断酒5年37日目)

f:id:anomiyakun:20180420064513j:plain

 

 昨日の記事の最後の方で言及した、ストロング系。

 

 これ、調べてみると、えらく恐ろしい代物である。私の飲んだくれ時代に登場していたら、間違いなくありがたや!と、いの一番に飛び付いていたことだろう。

 

 アル中にとって、安く早く酔える商品ほど有り難いものはない。

 

 これは、今アル中でない人をも、アル中の仲間に引き入れる、最強(&最恐)の商品ではなかろうか。

 

 商品は、リピーターが増えることによって、販売成績が上がる。ひとり、またひとりと、安く早く酔える商品を手に取って、飲んで酔っ払う人が増えて行けば、ますます安く早く酔いたい人は増えて行く。

 

 例えばストロング系缶酎ハイのロング缶(500cc)は、アルコール量36gで、テキーラのショット3.75杯分つまり約4杯に相当するそうだ。

 

 ちょいとテキーラのことを調べてみたら、アルコール度数40度のものがごく一般的で、1ショット(30ml)で、アルコール量は9.6gとのことだ。

 

 缶酎ハイは、フルーツの香りと甘さで、強い酒を飲んでいる感覚がしないのではなかろうか。テキーラなら、4ショットも飲んでしまったらヤバイと思っても、缶酎ハイロング缶1本なら、ゴクゴク飲んでもジュース1本くらいにしか感じないのではないだろうか。

 

 現役のアル中にはとても嬉しい飲み物で、今常識ある飲酒者をアル中に仕立てる飲み物のような気がする。

 

 アルコール度数をいじくって、様々な味付けをして、色んなネーミングでカムフラージュして、更に宣伝広告に有名なタレントを起用して、これでもか!と、売り込んで来る。

 

 酒を断って、涼しい顔をしている私には、その腹の底を読めるので、おもしろいけれど・・・

 

 酒を断って間もない、今夏が断酒の山場の人には、このストロング系と言われる酎ハイやビールは、目の毒だろう。

 

 ここ数日、気温がどんどん上昇し、夏日を記録することもある。

 

 暑い日には、炭酸系のアルコール飲料の喉越しが蘇り、しかも、従来の製品よりも、安く手っ取り早く酔えるとあれば、我慢している身の辛さの反動から、飲んでしまう人もいるのではないか。

 

 酒を断ったアル中を、現役に引き戻すだけの効果をも持っているかも知れない、ストロング系アルコール飲料。

 

 ストロング系は、アル中のウイークポイントかもしれない。

 

 これに対抗するには、ストロング系の炭酸水しかない。強炭酸水である。

 

 同じシュワシュワの炭酸飲料でも、片やテキーラ4ショット分のアルコール量、こなた水に炭酸が封じ込めてあるだけ。

 

 水のストロング系で、この夏を乗り越えよう!

 

 (冒頭の写真は、岩手のティモ太郎さんより。今朝の桜並木と鯉のぼり。気温は10℃。ついに岩手も桜が満開だそうです。ティモ太郎さんありがとう!)

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》