酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒がそうさせただけ(断酒5年40日目)

f:id:anomiyakun:20180422075233j:plain

 昨日のオフ会で、参加メンバーの話を聴いて思ったこと。

 

 性別も年齢も仕事も境遇も違う中で、過去に酒に走ってしまった皆さんに共通するのは、本当は自分の人生を真剣に生きたかったのだと言うこと。

 

 それがあまりにもストレート過ぎて、何かに躓いたり、完璧を求めて不安になったりしたときに、酒に走ってしまったのだ。

 

 集って下さった方々のお仕事や生活は・・・

 

 女性では、専業主婦の方、お仕事をお持ちの方、子育て中の方など。

 男性では、事業をされている方、お勤めの方、専門分野で活躍されている方など。

 

 お一人おひとり、話を伺っていると、こんなにも理路整然と自分の過去を分析出来て、人格も素晴らしい人が、酒に人生と人格を奪われていた時期があったのか!と、驚くこと頻り。

 

 そう言う自分も、今は、こうして毎日文章を綴っているが、かつては酒に人生と人格を奪われていたのだが。

 

 その人の人間の本質は変わらないのに、酒に走っていた過去は、時間が無駄に流れてしまったり、壮絶な体験をしたり、自分や他人を傷つけたり、悔やんでしまうことばかり。

 

 だが、それは、酒がそうさせてしまっただけだ。

 

 だからと言って、酒に罪があるとか、酒が悪いわけではない。酒は、単なるアルコール入りの液体である。この辺りは、ハッキリとしておかねばならない。

 

 過去に酒で失敗したり、問題を起こしてしまった原因はとっても簡単に説明できる。

 

 自分が飲んではいけないものを、飲んでいたのだ。身体に合わない薬を、自己判断で飲んでいたのと同じこと。

 

 それなので、原因となる酒を取り除けば、隠れていたその人本来の人格が現れて輝きだすし、酒を入れてしまえば、また人格を奪われてしまうのだ。

 

 例えてみれば、酒に溺れている人は、本来はダイヤモンドなのに、何重にも汚れで覆われて、輝きが失せ、もともとの形さえ分からなくなってしまっている状態なのだ。 

 

 酒がそうさせてしまっただけ。

 

 酒を取り除いたら、皆さん、こんなにも輝いているではないか。

 オフ会に集って下さった方々の熱い思いを聞いていて、断酒に至る前の、沈んでいた過去は、酒がそうさせていただけだったんだ、と感じた。

 

 過去を語る皆さんの真剣な話を、聴く側もひと言も漏らさず耳に入れようと、眼差しを向ける。

 

 緊張感が漂うが、自分と似たような酒の失敗談だと、どっと笑いが起こり、一気に場が和む。

 

 この、天真爛漫で屈託のない笑顔は、シラフでなければ出て来ない。酔っぱらって歪んだ笑顔とは全く違う。

 

 もし今あなたが酒の問題を抱えているなら、

「酒が自分をこのようにさせているだけ」

であることを認めよう。

 

 そして、酒を人生から取り除こう。

 

(冒頭の桜の写真は、岩手のティモ太郎さんから!)

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》