酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

あなたが飲んで喜ぶ人(断酒5年44日目)

 あなたが酒を飲むことを喜ぶ人は、誰だろう。

 

 あなたの家族に、あなたが酒を飲んで喜ぶ人はいるだろうか。

 

 私(のみすけ)で考えてみよう。

 

 かつて、断酒前、私が飲んだくれていた頃、それを喜んでくれた人は、家族には誰もいない。知り合いで喜んでくれたのは、今となっては疎遠となった、飲み友達くらいのものか。

 

 知り合い以外で、私が酒を飲むことを喜ぶ人は、酒を造っている人、売っている人、あと、人ではないが、酒税を徴収する国か。

 

 喜ぶどころか、私が酒を飲むことを、悲しむ人、嫌がる人、疎む人は、私のことを一番心配し、世話もしてくれる、家族であった。

 

 家で酒を飲んでは、子供に絡み、妻に絡み、どこでも寝てしまい、トイレに立てこもり・・・

 外で酒を飲んでは、終電を逃してタクシーで帰り、或いは終電で終点まで寝てしまい、モノを失くし、カネもなく、家族を心配させ・・・

 どこで飲もうとも、泥酔しては、家の中を汚し・・・

 

 私の生来の酒癖が、酔って狂暴になるようなものではなくて、ひたすら陽気になって、更にはどこでも無防備に寝てしまう、と言うようなものであったのが、不幸中の幸いだったのかもしれない。

 

 だが、何度もブログに書いて来たことだが、今こうして、アルコールによる身体へのダメージも無く健康に暮らしていることと、過去に、酒絡みの事件の加害者・被害者になったことがないことの、二点は、ただ運が良かっただけである。

 

 大量のアルコールによって肝臓などの臓器が傷害されていたり、酔っぱらって人を傷つけたことがあったり、自損事故を起こして傷跡があったりしたら、自分が悲しいだけではなくて、家族がそのことを悲しむだろう。

 

f:id:anomiyakun:20180427210953p:plain

 だから、いつも私は、これを読んで下さる方に、今、断酒しているなら素晴らしいことだし、もしまだ断酒に踏み切れていないのなら、運良く今健康で、酒によるトラブルが小さい内に、エイヤッ!と、断酒してほしいのである。

 

 あなたが酒を飲んでも、家族は喜ばないだろうけれど、あなたが酒を断てば、家族は大喜びすることだろう。

 

 ただ喜ぶのではない。大喜びするのである。

 

 家族の笑顔ほど嬉しいものはない。自分も笑顔、家族も笑顔。

 朝起きて、みんなニコニコ。

 

 これが、飲んだくれがひとりいるだけで、全く逆の光景になってしまうのだ。

 

 家族が悲しい顔。自分も飲み過ぎの二日酔いで青い顔。

 朝起きて、みんなゲッソリ。

 

 飲んだくれを自覚しているのなら、さっぱりときっぱりと、酒とは縁を切ることである。

 

 あなたの英断が、あなたの家庭を救うのである。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》