酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒はご褒美?否!爆弾です(断酒5年46日目)

f:id:anomiyakun:20180429231455j:plain

(昨日歩いた逗子の風景)

 

 読者の方(Dさん)から、次のような内容のメールを頂いた。

 

 ----------------------------

 断酒を続けて来ましたが、諸々の人生のストレスに疲れました。

 ちょうど、このゴールデンウィークの休みに、飲み会にさそわれているので、一度だけ、自分へのご褒美に、飲もうと思ってます。

 ----------------------------

 

 メールの最後の方でDさんは、これは飲むための言い訳であり、自分に都合のいい理由に過ぎないとも書いていらっしゃる。

 

 それを読んで、私が察したのは、ああ、これは、飲酒を正当化しようとしている自分を止めてほしいのだと。

 

 それで、Dさんには、飲んではダメです!と、返信のメールをした。

 

 これについて、昼間、ふたつtweetした。

 

 

 

 Dさんのように、酒を、頑張った自分への《ご褒美》としている人がいる。私もかつての飲んだくれ時代、何かにつけては、それを飲む理由にしていたものだった。

 

 だが、考えてみると、これは矛盾してはいないだろうか?

 

 何らかの問題があって断酒していたはずだ。酒は、健やかな人生を送る上では、《お荷物》な存在だったのではないのか。

 

 ある時は《お荷物》な飲み物が、ある時は《ご褒美》になるって、これはどう考えてもおかしいし、屁理屈に過ぎない。

 

 酒は、《ご褒美》などには絶対になるはずもなく、それどころか、私たち飲まないアル中にとっては、《爆弾》なのである。

 

 せっかく断っていたのに、一度でも飲酒を再開すれば、それが引き金となって、飲酒欲求が解放されて、浴びるような飲酒の大爆発を起こすのだ。

 

 それによって、閉じ込められていた飲酒の悪魔が、一気に勢いを取り戻し、かつての連続飲酒のアル中に戻ることは、論を待たない。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》