酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒朋あり遠方より再び来たる(断酒5年64日目)

f:id:anomiyakun:20100516143026j:plain

 

 本日は、遠方からの断酒朋と会い、数時間話した。

 

 数週間前にその方から連絡があり、上京のついでに私に会いたいとのことだった。

 

 会う場所は、

「また、東京駅にしましょうか?」

と聞いてみたら、

「時間があるので、のみすけさんの居住地の最寄り駅まで伺います!」

 

 ええ!東京とは言え、かなり都心から離れている田舎の街に、わざわざ!?

 その方は、私の居住地に興味があるとのこと。

 今日は、午後からの時間を空けておいたので、余裕を持って駅でお迎えすることが出来た。

 

 さて、その断酒朋とは、一体誰だったのか?

 

 それは、のみすけの妻のすももと同郷のティモ太郎さん。

 

 昨年のブログを見たら・・・

 

 2017/5/20
 『断酒朋あり遠方より来たる(断酒4年67日目)

 

 あれれ、初めてお会いしたのが、昨年のほぼ同じ頃だった。

 

 時間的には、14時頃から話し始めたのだが、気付いたら、17時半近かった。

 え!もう、3時間半も過ぎてしまったの!?

 

 まぁ、これが、断酒朋なのだろう。それでも、話は尽きなかった。

 

 断酒朋とは、私の造語だが、朋友から来ている。

 

 朋友とは・・・

「濃密な体験を共有した者同士、また相互に信頼する親密な関係として年齢差や性別を問わず、地位・身分に関係なくつき合える友だち」

との説明が、辞書にある。

 

 断酒朋は、断酒と言う濃密な体験を共有し、それが土台となって、相互に信頼する親密な関係を構築出来る。また、性別、年齢、地位、身分など一切関係がないのだ。

 

 かつて大酒を飲んでいたが、今はそれを断っている。それが、断酒朋の共通点だ。ここで活きて来るのは、かつての過剰な飲酒なのである。

 

 反省し、後悔していたかつての飲酒があったからこそ、こうしてお互いにすぐに打ち解けられる、断酒朋と知り合い、語り合えるのだ。

 

 飲んでいた酒が、それをやめたことによって、人と人とを結び付けたのである。

 

 これは、奇縁と言って良いだろう。そんな奇縁が、ブログやメルマガやオフ会を通して、どんどん産まれているのだ。ネット時代の恩恵をつくづく感じる。 

 

 ティモ太郎さんとは、7月に仙台で開催予定の、第2回目の東北オフ会についても、打ち合わせした。

 

 昨年の第1回目の東北オフ会は、北上で開催したが、今年は、杜の都・仙台で開催が決定!

 

 東北オフ会は、まだまだ参加者募集中。東北の方で、断酒している方、断酒しようと思っている方で、仙台に来られそうな方!

 

 詳細は、メルマガに書いているので、興味がある方は、どうぞ!

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》