酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒に逃げずに、酒から逃げろ!(断酒5年73日目)

 今日の午前中、私がひとりで留守番をしていると、ピンポン!とドアホンが鳴った。

 

 ガスの法定点検とのことで、東京ガスの人(青年)が、外の給湯器を点検してから、室内のガス機器の点検のため、玄関から中へと入ってきた。

 

f:id:anomiyakun:20180526200447j:plain

 猫のちぃちゃんは、家人以外の人が来ると、ブルブル震えて、とにかく逃げて行く(笑)

 

 そんな飼い猫の様子を見て、自分がかつて、酒に逃げていたことを思い出した。

 

 30年以上もの間、酒を逃げ先にしていた。でも、逃げた先の危険性にやっとこさ気付いて、酒から逃げた!そんな感じだ。

 

 人は、危険を感じると、そこから逃げる。

 

 それは、人間に備わった正常な感覚からの行動だが、どういうわけか、逃げる先が酒の場合がある。

 

 酒に逃げる、酒に逃げ込む。

 

 通常、危険を感じて逃げた先は、少しは安全な場所のはずだ。しかし酒の場合、身の危険ではなくて、精神的苦痛からの逃げ場所であり、そこは危険地帯。

 

 飲んではいけない自分であることを理解したからこそ、やめたのに、何か嫌なことがあったり、壁にぶち当たったりすると、手っ取り早い逃げ場所として、酒を思いつく。

 

 せっかく酒から逃げたのに、また酒に逃げることがある。スリップである。

 

 酒に逃げるのか、酒から逃げるのか、自分は一体どちらなのか。

「に」と「から」の違いだが、英語にすると、前者はintoであり、後者はfromだ。

 

 アル中が酒を飲めば、into即ち飛んで火にいる夏の虫である。

 アル中が酒を断てば、from即ち三十六計逃げるに如かずである。

 

 どんなことがあろとも、酒が猛スピードで追いかけて来ようとも、とにかく、酒から逃げなければならない。

 

 酒に逃げてはならない。結局、酒に逃げた人は、そのまま酒に溺れてしまうのだ。

 

 そんなことを考えた午前中だった。

 

 午後から、4月のオフ会で知り合った方のお店へ、餃子を食べに行った。

 駅で待ち合わせして、家族で食べた。

f:id:anomiyakun:20180526202450j:plain

 もっちもちで、うまい!息子と私は、ごはんをお代わり!ごはんのお代わりが無料と言うのも、嬉しい!

 

 餃子もうまいけれど、ちょっと外が暑かったので、この、ジョッキに入って運ばれてきた、水も、最高にうまかった!

 

 酒に逃げていたら、自分だけの世界だが、酒から逃げると、自分の目の前の世界が広がる。

 

 冷たい水が最高にうまいし、家族と仲良く出来るし、飲んだくれ時代とは何が違うかって、何といっても、ごはんが美味い。

 

 酒に逃げずに、酒から逃げろ!

 

 これが、今日ののみすけからあなたへのメッセージである。

 

 え?もう、酒からは十分に逃げて、何千キロも距離が離れたって?

 

 それは、素晴らしい!

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》