酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

一足せば・辛いがなんと・幸せに!(断酒5年78日目)

f:id:anomiyakun:20180527125348j:plain

 今日は、ナイスなポスターを見つけた!

 

 私が、いつもブログで主張していること。

 

 「どんなに辛くたって、石の上にも三年とは言わないから、断酒の上に一年で、楽になるよ!」

 

 これを、見事に表現している一枚だ。

 

 

 まぁ、このポスターは、唐辛子を贈るお中元てことで、tweetの中でも、書いているけれど、《辛》に足す横棒が唐辛子だ。断酒の場合は、積み重ねて来た一年の《一》を《辛》に足すわけだ。

 

 極まれに、浴びるほど飲んでいた酒を断っても辛くない人もいるけれど、99.9%の人は、最初の数か月から半年くらいは、かなりキツイ思いをする。

 

 頭ではやめると決めたはずの酒なのに、一方身体は、これまで通り酒を欲しがり、その頭と身体との間で起こる葛藤のはざまで、飲酒欲求を我慢することが、キツイ、辛い、苦しいのである。

 

 それでも、一日一日と、ほんの少しずつ楽になって、半年を越えた辺りから、思いが変化していることに気付き、満一年を迎えると、ほんの一年前のやめた直後の自分とは別人になっている。

 

 《辛》→《幸》

 

 飲まない日を一年間続けると、辛い、が、幸せになる。

 

 そんな先のことはいいから、たった今、この辛さを何とかしたいんだ。

 今、酒を飲みたくて本当に困っているんだ。

 今から一か月先でさえ長すぎるのに、一年なんて考えられない!

 

 最近酒を断ったばかりの方は、きっとこんな感じだろう。私が5年前そうだったので、お気持ちは良く分かる。

 

 代用の飲料(炭酸水とか)を飲むとか、有酸素運動をするとか、寝逃げするとか、他にも様々な工夫をして、とにかく飲まない日を積み重ね、時間薬としての時の経過を待つしか、方法はないのである。

 

 もちろん、アルコール依存症は歴とした病気であるから、堂々と専門医にかかることも、考慮したら良いし、断酒仲間のいる自助の会の門を叩くのも良い。

 

 試行錯誤している内に、一年などあっと言う間に過ぎてしまうものだ。

 あまり悲観的にならずに、楽しんでやろう、くらいの気持ちのほうが、断酒には向いていると思う。

 同じ一年酒を断つなら、悲しみながらよりも、やせ我慢でも強がりでも、楽しみながらのほうが良いに決まっている。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》