酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

力になれないもどかしさ(断酒5年88日目)

 ここ最近、オフ会で会ったことのある方が、立て続けに何人かスリップしてしまったり、しそうになったりしている。

 

 外見では、断酒が割と順調そうに見えても、ちょっとしたことがきっかけで、飲酒に戻ってしまうことがあるようだ。

 

 メールだったり、Twitterだったりで、その方がスリップしてしまったこと、してしまいそうな状態にあることを知った時、私はショックを受ける。

 

 あぁ、せっかくここまで来たのに・・・

 オフ会の時は、あんなに元気そうだったのに・・・

 一体何があったんだろう・・・

 

f:id:anomiyakun:20180610210731j:plain

 実に様々な思いが、私の胸に去来する。

 メールやTwitterで近況を尋ねても、一度アルコールの海に潜ってしまった人は、もう一度海面に顔を出すまで、こちらからの問いには答えてはくれないのだ。

 

 こんな時、致し方ないことは十分に分かってはいるのだが、力になれないもどかしさを感じるのである。

 

 もともと、断酒は個人が、自分で決めてすることであって、他人が口を挟む性格のものではない。

 

 断酒している人同士が、励まし合うことは出来ても、途中でアルコールの世界へ戻ってしまった人を、無理やりこちらに引き戻すことは不可能なのだ。

 

 その方が、自分で気付いて、もう一度断酒へと軌道修正を図るまで、気長に待つより他はない。

 

 それにしても、酒とは、何と厄介な飲料であることか。この酒なる飲み物が、一体何億人の人の人生を狂わせているのか。

 

 いかなる理由で再度酒を飲んだところで、酒を飲まないでいる場合と比べて、ひとつも良いことなどないことは、予め分かっているわけだが。

 

 それでも、飲酒の方を選ぶ人がいる。

 

 これは、脳が酒の魔力を覚えているからであり、酒が手軽に手に入るからであり、また、生きて行く上で、辛いことが多すぎるからであろう。

 

 再度飲んでしまう人の気持ちも、とても良く分かるのだ。

 

 なので、私は、力になれないもどかしさを感じつつも、その方が再び断酒へと戻って来るのを、じっくりと待つ積りだ。

 

 そして、戻って来たなら、温かく迎え、励まし応援しようと思っている。

 一度断酒の素晴らしさを知った人は、必ず戻って来ると信じている。

 

 どうか、今日のこの文章を読んで下さったなら、以前のようなにこやかな表情で、戻ってきてほしい。

 

 いつだって、私は、ウェルカムだ。

 多くの断酒仲間が、あなたの復帰を待っている!

 

 何度だって挑み、酒をねじ伏せて、一緒に楽しい断酒生活を送ろうではないか!

 酒なんぞに、自分の人生を渡してはいけない。

 酒なしの、シラフの人生こそ、本物の本当の自分の人生なのだから。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》