酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

感情の瞬間移動(断酒5年97日目)

f:id:anomiyakun:20100622125404j:plain

 ずっとやめていたのに、飲んでしまった。

 

 これまでは酒を断つために、断酒のブログを読んで、そこから勇気をもらっていたけれど、そんなもの、もう見たくない!

 

 このような方がいらっしゃるようだ。メルマガでも同じで、何度かメールでやり取りしたことのある方が、そっと解除されることがある。

 

 大しておもしろくない、自分には不要だから解除した、と言うのならばそれで良い。けれど、飲んでしまって、そんな断酒に関するものは見たくない、との心境の方もいらっしゃるようだ。

 

 飲酒と断酒は、全くの別世界なので、一度反対側へ行ってしまうと、もう一方の側の情報は、見たくないのだ。

 

 このように、酒が身体に入ることにより、感情が瞬間的に断酒から飲酒へと移動してしまうことがある。

 

 感情と言うやつは、飲酒から断酒へは、中々移らないのに、断酒から飲酒へは、一瞬で移動してしまう。かつての飲酒時代の記憶が、かなり濃厚に残っているからだと思う。断酒から飲酒への移行には、違和感を感じないのだろう。

 

 恐らく、私がもし再飲酒してしまったら、同様の感情が湧き起こり、断酒ブログなどほっぽり出して、暫くは飲酒の世界を彷徨することだろう。酒の魔力的な面を知っているからこそ、自分の再飲酒については、どうなるかが鮮明に分かっている。

 

 しかも、そのまま飲み続けることはなく、ある程度のところで、断酒の快適さを思い出し、また戻ろうとするに違いない。

 

 再飲酒がきっかけで、断酒から離れてしまった方がいたとしても、きっといつか覚醒する日が来る。

 

 その時、また戻って来て下さることを願っている。

 

 実際に、今やり取りしている断酒仲間で、そのような方が何人もいらっしゃる。一度離れたけど、戻って来た方。

 

 そのような方から話を聞いて、私は自分の断酒の糧にしている。とても貴重な体験を聞くことが出来て、教えて下さる方には、感謝である。

 

 アルコールというやつは、飲めばすぐに感情をうわっつかせるけれど、その後醒めた時には、今度は感情をドボーンと水底に沈めてしまうのだ。本当に厄介な合法的麻薬である。

 

 自分の感情をアルコールにいいように操られ、ジェットコースターのように上昇したり、下降したり、たまったものではない。

 

 再飲酒によって、感情が酒の方へと瞬間移動してしまったら、どうか何とか冷静になって、最小限の酒の量でその場を終わらせて、こちら、断酒の方へと戻って来てほしい。

 

 飲酒も断酒も、それを続けたらどうなるのか、自分が良く分かっているのだから。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》