酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

ちょっと薬物でラリるかな(断酒5年101日目)

f:id:anomiyakun:20100623090423j:plain

 薬物中毒で、正常に話せなくなることを、ラリるって表現する。

 

 

  よくある光景として、終業間近の職場で、のんべーの同僚に、

「ちょっと帰りに、一杯どう?」

なんて誘われるシーン。

 

 これも、言い方をきちんとするなら、

「ちょっと帰りに、薬物摂取してラリる?」

なのだ。

 

 物事は、その本質を理解すると、それまでペンキの厚塗りで見えなかった、瑕疵のある壁の素地がくっきりと見える。

 

 国家が認めているから、安心なんてことはなく、非合法の薬物と同列のアルコールが主成分である酒。

 

 酒をいつまでも恨んでいると、ド勘違いした人からたまにコメントを頂く。

 

 恨むとは、相手の仕打ちに対する不快・不満の気持を、その人に対していつまでも持ち続ける、意味。

 

 そもそも、薬物を恨むことはないわけである。

 

 コカイン、ヘロイン、マリファナ、その他の覚せい剤、麻薬。これらとアルコールは、薬物としての効果・効用・効能は、似たようなもの。もっと言えば、同じなのだ。

 

 この辺りを、腹の底から理解しているかどうかは、割と簡単に分かる。

 酒を飲んでいる人を見た時に、自分の心の中にどのような考えが浮かぶか。

 

 酒の真実を知らずに飲んでいて、とても気の毒。

 気の毒とは、他人の不幸や不運に心が痛むこと。

 

 私も、断酒してから半年くらいの間は、ブログを読み返すと分かるが、酒を飲んでいる人がウラヤマシかった。適正飲酒なる飲酒が出来ている人を見る度に、何故自分は出来ないのか、悩んだ。

 

 それは、酒の真実を知らなかったからである。

 

 酒害を地道に学び、学び続ければ、ある日酒の真実が腑に落ちる。

 あ~、酒とはこんな飲料だったのか。つまりは、薬物アルコールではないか。

 自分はこんなものに憑りつかれていたのか!

 

 一度は悪魔の飲料・酒の虜になり、その薬理効果を毎晩求めていた身体であるから、私だって今後、酒を絶対に飲まないとは断言出来ない。

 

 けれども、かなり可能性は低いと思っている。

 どんなことがあっても、精神的に疲弊しても、薬物(毒物)アルコールの力など借りようとは思わないからだ。

 酒なんぞに頼ってたまるか!

 

 これが、断酒5年4ヶ月目の今、私が思っていることである。

 

 追記(2018/6/24):「ド勘違いした人」からまたもやしつこくコメントが入った。嫌いなら無視すりゃいいのに、毎日読んでくれてるってことは、好きなんだなぁ。ありがとうね!

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》