酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

梅雨明けの猛暑にビビる!?(断酒5年107日目)

f:id:anomiyakun:20180629221404j:plain

  一体、いつが梅雨だったのか分からずに、関東甲信地方では、史上最速の梅雨明け宣言が成された。

 

 しかも、それと同時に、襲って来たのは、猛暑である。GWの連休初日にかみさんと訪れた逗子では、今日海開きがあったと、写真が出ていた。

 

 夏と言えば、お決まりの、あの炭酸シュワシュワのアルコール飲料が、自分の出番だ!とばかりに幅を利かせる季節が、ついにやって来た。

 

 今年が断酒初年度の方は、あまりにも早い真夏の到来にビビっているのではないだろうか?

 

 私の断酒初年度の5年前を思い出してみると、夏が一番きつかった。 

 街を歩いていれば、どこにでもコンビニがあり、当たり前に冷えた酒類が棚に並んでいる。何度も、冷えた商品を手に取り、眺めたことがあった。

 レジへ運べば、コイン数枚を支払うだけで、すぐにゴクゴク出来てしまう手軽さ。

 

 暑さとアルコールが頭の中でリンクしている。これが誤りであることが、中々理解出来ないから、飲めない自分が辛い。

 

 例えば、

「喉が渇いたから、水分補給のためにビールを飲もう!」

なんて、全くのナンセンスだと言うこと。

 

 アルコールには利尿作用があり、飲めば飲むほど、補給どころか、身体から水分が失われて行く。これが、喉の渇きとアルコール飲料との本当の関係である。

 

 このことでさえ、私は、断酒後に学んだ。酒命(サケイノチ)の頃は、暑い日の炭酸入りアルコール飲料は、私にとっての清涼飲料水であり、喉の渇きを潤すのには、これ以外に無い!と思っていた。

 

 テレビでも、ポスターでも、これでもか!と炭酸入りアルコール飲料の宣伝が、とてもやかましい。大抵は、ギラギラした夏の青空を背景に、水滴の付いたジョッキを握って笑顔のタレントが登場する。

 

 断酒erには、刺激のキツイ夏がやって来た。

 

 この夏を、どうやって乗り切ろうかと思案されている方に提案したいのは、強炭酸水の常備である。

 

 いつの間にか、炭酸水、強炭酸水は、実に色んなバリエーションの商品がそろうようになって来た。私が酒を断った5年前には、数種類しか無かったように記憶している。

 

 炭酸水にも味があるので、自分の好みのものに出会うまで、色々と試してみると良い。

 

 大きなコップに、氷を沢山入れて、そこへ強炭酸水を注ぎ、ゴクゴクと飲む。喉越しと、腹へ冷たい炭酸水が落ちて行く感覚がたまらない。

 

 500mlのペットボトル1本で、いつも満足する。私はもう1本追加することはないけれど、もし足りなくてもう1本追加して飲んでも、水に炭酸が封印されているだけのものなので、決して酔うことは無い(笑)

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》