酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲まないアル中の底力を見せたれ!(断酒5年124日目)

f:id:anomiyakun:20180716224028j:plain

(オフ会の帰路立ち寄った、松島・瑞巌寺の庭園)

 

 身近な知り合いで、断酒を勧めたい人がいる。

 私にも、そんな知り合いが何人かいる。

 昨日のオフ会でも、そんな話が出た。

 しかし、他人に断酒させることは出来ない。

 アレン・カーの「禁酒セラピー」にも書いてある。

 過去に、他人に断酒を勧めた経験のある私もそのとおりと思う。

 

 自分で気付く人と、どんなことがあっても気付かず飲み続ける人と、一体どこに差があるのか、分からない。

 

 私自身が、何度も気付くきっかけとなる問題を起こして来たのにも関わらず、30年以上も飲み続けたからである。

 

 自分が勢いよく飲んでいた頃、もし誰かに、

「君の飲酒には問題がある。酒を断ったほうが良い」

と、教え諭されたとして、その話に素直に耳を傾けただろうか。

 

 先ず、余計なお世話!と反発して、腹を立て、更に飲み続けたに違いない。

 

 けれども、もし、あの頃の自分の飲み仲間、或いは、飲んだくれの先輩の誰かが、ちょうど今の私のように、すっぱりと酒を断ち、酒なし生活を颯爽と送っていたとしたら、どうだったろうか。

 

 人と違ったことをする人に興味があり、その人は何故そうなのか、考えるのが好きな私は、その人を良く観察し、酒を断つことの意義を発見したかもしれない。

 

 尤も、31年間の飲酒生活の中で、実際には、そんな人はひとりも存在しなかったが。

 

 このことに思い至った時、飲んだくれている知り合いに、断酒した自分を見せ付けることならば、出来ることに気付いた。

 

 もちろん、わざと見せ付けることはない。ただ普通に酒を飲まない生活を送るだけで良い。

 

 何かのきっかけで、元飲んだくれの断酒生活が、現役の飲んだくれの目に入ったならば、ひょっとしたら、その人の気付きの一因になるかもしれない。飽くまでも、「ひょっとしたら」であるが、教え諭すよりは、効果的だろう。

 

 自分の同じかそれ以上に飲んでた人が、酒をやめただと!?。

 あれぇ?!酒を飲んでもいないのに、何だか、とっても楽しそうだな。

 最近、全然二日酔いもないし、体調ばっちりで、仕事もバリバリこなしてるって。

 ん~、でも、酒をやめて、良く生きているよなぁ~。

 本当に、酒を飲んでいないのかな?今度、飲みに誘って、確認してみよう。

 

 このくらい、考える人ならば、身近な知り合いが断酒したことで、何か気付きが得られるかもしれない。

 

 これまで私がオフ会を通して、実際に多くの断酒erに会った経験から、はっきりと言えることは、

「酒を断ったアル中、飲まないアル中には、底力がある。」

と、このことである。

 

 飲んだくれ時代の過去を認識することにより、しっかりと踏み固め、それを土台として、今を生きているからだろう。

 

 なので、

「飲まないアル中の底力を見せたる!」

くらいの勢いで生活しても、おもしろいかも。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》