酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲まないだけでだいたいOK!(断酒5年128日目)

f:id:anomiyakun:20180716084212j:plain

(岩手にて撮影・マルハナバチ)

 

 ここ数日、コメント欄が賑わっている。嬉しいことだ。

 

 色んな酒のやめ方があって、中でも、数ある断酒のブログの中から、自分のお気に入りのブログを見付けて、その書き手と一緒に断酒するのも、有り。

 

 Twitterで、断酒仲間と楽しく断酒している人もいる。

 

 ネットの特性を活かした、このようなやり方で酒を断っている方が、実際に存在しているわけだから、説得力がある。

 

 私は、自分自身は初期の頃かなり苦しんだけれど、割とゆるい感じの断酒が好きだ。何かの枠にハメるような、四角四面で杓子定規な断酒は嫌いだ。

 

 断酒に必要なのは、根性ではなく、ユーモアであって、そうでなければ、自然体で臨めないし、長続きしない。

 

 ユーモアを検索してみると、一番最初に、
「人間生活ににじみ出る、おかしみ。上品なしゃれ。人生の矛盾・滑稽(こっけい)等を、人間共通の弱点として寛大な態度でながめ楽しむ気持。」
との、説明が出ていた。
 
 説明の後半部分に、人生の矛盾・滑稽等を、人間共通の弱点として寛大な態度でながめ楽しむ気持とあるが、これが、最近私が断酒に感じていることかも。
 
 飲酒は、人生の矛盾であり、滑稽である。そして、人間共通の弱点であることも、間違いない。これを、断酒した側から、寛大な態度でながめ、楽しむ。

 

 以前、こんなタイトルの記事を書いた。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 今日のタイトルも似ているけれど、断ってるだけ、から、飲まないだけ、に変わった。断つ、と、飲まない、は、ニュアンスが違う。

 

 大好きだった酒を、最初は断つ。断つのは、苦しい。でも、その内に、飲まない、に変化している。目の前にあっても、飲まない。飲みたくない。こうなると、最初の頃に比べると、格段に楽である。

 

 飲まないだけでだいたいOK!

 

 実は、断酒なんて、こんなものなのではないか。

 

 もちろん、酒を飲みさえしなければ、どんなやり方もOKであるから、断酒への取り組みとして、これがいいとかこれではダメなどと言う評価は、存在しない。いいとか悪いとか他人の断酒に口出しする人がいるとしたら、その人は、断酒が目的になっている。

 

 断酒は手段に過ぎない。

 

 だから、飲まないだけでだいたいOK!なのだ。

 

 誰だって、最初の頃は気合を入れて、断つわけだけれど、そのままだと、息苦しくなって来るだろう。

 

 どこかで、ふっと力を抜いて、リラックスしてみたらどうだろう。

 

 あ~、今まで力こぶを作って、ゴリゴリ断酒して来たけれど、本当は、飲まないだけでだいたいOK!なんだなぁ~、って気付くと、気持ちが楽になる。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》