酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

真の自由とは(断酒5年129日目)

f:id:anomiyakun:20180716090858j:plain

 断酒当初の大いなる勘違い、飲める自由、飲めない不自由。

 

 これがなぜおかしな話か、簡単に分かる。

 

 今すぐある地点まで行かなければならないとして、酒を飲んで酔っ払っている人と、全くの素面の人と、どちらの人が自由自在に動けるだろうか。

 

 素面であれば、車、バス、電車、新幹線、飛行機、何でも御座れ。利用できる乗り物で、目的地に一番ふさわしいものを選んで、最短時間で到達出来る。

 

 これを酔っ払いに当てはめてみると・・・

 

 大体にして、先ず、酔っぱらいは、目的を理解できない。できたとして、車の運転はできない、普通の乗り物は、乗った時点で寝てしまう。精々が、タクシーに乗って、目的地を告げるくらいが関の山。

 

 たったこれだけの考察で、酒を飲むことが、己の人生に如何に枷となり、自由さを奪っているかが分かるだろう。

 

 私も、断酒当初は、酒を飲めないことは不自由であり、不幸なことだと、大いなる勘違いをしていた。美味そうに酒を飲んでいる人が羨ましくて仕方なかった。

 

 今でこそ自分の断酒スタイルにぴったりだと思うブログタイトル、

「酒をやめてhappyになろう!」

は、当時の自分の、たぶん中々叶わない、高嶺の花である、願望を表現したものだった。

 

 酒を断つことが、実は、真の自由を手に入れることに直結する行為であることは、断酒期間が1年を過ぎた頃、分かって来た。

 

 何と自由なんだろう。

 朝から、自分の思い通りに動ける。

 昨夜の飲酒行動を悔いることがない。

 酒のことを思って、心が酒で占有されることがない。

 酒を買いに走ったり、酒が無くてイライラすることがない。

 一日の生活の中で、酒に行動を支配されることが全くない。

 

 これを、自由と言わないで何とする。

 

 断酒して間もない方が今、酒を飲めないことを、不自由だとか、惨めだとか、もし感じているとしたら、これまで述べて来たように、それは、大いなる勘違いである。 

 

 酒をやめると、酒から解放されて、真の自由が手に入る。

 

 このことを、今日はお伝えしたかった。

 

 好きで酒を飲んでいる人たちは、私たち断酒erを見るととても気の毒な気持ちになり、ノンアルを勧めて来たり、少しなら飲んでも大丈夫だよ、と、無責任な再飲酒を勧めて来たりする。

 

 ところが、私たちからすると、これは、全くの反対であって、酒を飲まないことが、私たちを酒から解放し、自由にしているのであって、酒を飲むと不自由な世界へ逆戻りしてしまうのだ!

 

 この辺り、現役の飲んべー共には、理解不能であることだけは、間違いない。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》