酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

始まりは、どんなものでも小さい(断酒5年142日目)

f:id:anomiyakun:20180803212751p:plain

 『始まりはすべて小さい』---キケロ---

 

 昨日、断酒仲間から届いたメールの最後に、書いてあった。

 どう訳すかの違いで、タイトルは「始まりは、どんなものでも小さい」にしてみた。

 

 今、断酒仲間と、あるプロジェクト(?)を進めているのだが、そのメールのやりとりの中での言葉だった。

 

 思い起こせば、自分自身だって、受精卵として母の胎に宿った時には、0.1mmのサイズだったわけで、始まりは小さかった。

 

 断酒の始まりも、もの凄く小さかった。初日から、一日一日、少しずつ成長して、今に至っている。

 

 本当に、始まりは、どんなものでも小さい。

 

 キケロの言葉を他にも探したら、断酒にぴったりなのが、いくつもあった。キケロは紀元前100年頃に生まれて、紀元前40年頃に亡くなった人だが、その言葉は時を遥かに超えて、私たちの心に響く。

 

 いくつか、羅列して、私の感想を書いてみる。

 

 「時間がやわらげてくれないような悲しみは一つもない。」

 ⇒これは、良く分かる。母が亡くなった時、私は悲しくて更に酒量が増えたものだった。結局はそれが断酒のきっかけにつながったのだが・・・

 あれから5年、その悲しみはほぼ癒えた。

 

 「度を越してはならない。節度をもって取り組め。」

 ⇒適量で飲酒出来る人は、この格言を実践出来るんだね。私は飲酒に於いては、いつも度を越しており、節度を保つことが出来なかった。

 

 「人間はすべて誤るものである。ただ過失を固守するのが愚か者なのである。」

 ⇒そうそう、その通り!全く過ちを犯さない完全な人間など、どこにもいない。私の酒の飲み過ぎも、誤りであった。それに気づいたので、過失(飲酒)を固守(飲み続ける)するのは、やめた!だから、少なくとも酒に於いては、愚か者ではなくなったのだ。

 

 「二度、考えなおした考えが一番いい。」

 ⇒断酒が落ち着いて来た頃、二度どころか、三度も四度も、いやもっと多くの回数を、再飲酒出来るんじゃないか、いやいや、やめとけ!と何度も考え直した。考え直した結果が、一番良かった。考え直した結果はいつも、飲んだら飲んだくれに戻るだけ、だった。

 

 「事故の原因は、事故そのものよりも興味深い。」

 ⇒私は今のところ、スリップはしていないが、もしスリップしてしまったら、原因を突き止めて、次にそうなりそうな時に、活かす。

 

 「魂の病は身体のそれよりも危険であり、かつ怖ろしい。」

 ⇒アルコール依存症は、魂の病だろう。身体のどこかの部位の病よりも怖ろしいのは、この魂の病は、全身の病であるから。

 

 「幸福なる生活は、心の平和において成り立つ。」

 ⇒断酒すると、心に平和が訪れる。これが、幸福なる生活の基礎だ。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》