酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒への包囲網(断酒5年164日目)

f:id:anomiyakun:20090913094906j:plain

 昨日も書いたけれど、昨今、飲酒に関するネガティブ情報が割と目に触れるようになって来た。

 

 私ばかりでなく、多くの断酒erの感想だが、タバコばかり悪者にして、異常なまでに叩いて、つまり、タバコをスケープゴートにして、実は酒を守っていることが、見え見えの今の日本。

 

 だが、主に海外からの情報ではあるけれど、ここ数年、ちゃんとした研究機関&研究者からの、アルコールの毒性に関する発表が盛んになっている。

 

 マスコミも無視出来なくなったのか、ちらほらと、記事にするようになって来た。これまで巧妙に隠されて来た、酒の真実が、徐々に暴かれて来ている。

 

 飲酒に関して、バカのひとつ覚え的に、適量の飲酒が健康にいいだの、Jカーブ効果だのと、根拠のはっきりしない、とても曖昧なことが、ポジティブな情報として繰り返し垂れ流されて来た。

 

 一方、タバコは、これでもか!これでもか!と、完膚なきまでに、叩かれ、虐められ、今や青息吐息状態である。

 

 

 先日、タバコの社会的損失が2兆円超とのtweetがされていたので、それを引用して、tweetしてみた。

 

 タバコで2兆円なら、酒だと、その社会的損失はもっと大きいはずなのだ。タバコで殺人や、失職、家族崩壊、信用喪失などは聞かないが、酒ではそれら全てを含有しているわけで。

 

 酒は、その正体が、有毒で依存性のある化学物質のアルコールが主成分の飲み物に過ぎないこと。人間は、酔いと言う名の、アルコールによる脳の麻痺を求めて、飲酒を繰り返していること。

 

 これらが、暴かれつつある。

 

 良く目を凝らして、酒を断ったクリアな脳で、酒に関する科学的な研究成果に、注意深く敏感に接するようにしよう。

 

 あなたの酒を飲みたい感情は、病から来るものである。その湧き起こる飲酒欲求は、異常なものである。

 

 理論武装して、自分の心の中に於いても、酒への包囲網を作り、それを狭めて行こう。私の心の中では、酒への包囲網がほぼ完成し、酒は心の奥底に押し込められている。

 

 もちろん、酒を飲まないだけで、アルコール依存症であることに変わりはないので、死ぬまでこの酒への包囲網を解くことは、ないのだが。

 

 今日も明日も、酒を心の中で包囲して、飲まない生活を謳歌しようではないか。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》