酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒を飲まない生き方(断酒5年168日目)

f:id:anomiyakun:20090913060657j:plain

 人生の本道と脇道についての考え方を昨日書いたら、沢山のコメントを頂いた。

 

 ひとつ気になったのが、フィッシャーさんの、

『酒を飲まないというと「それでも男なの?」と酔った女性に言われたことがあります。断酒を続けていくには、強い意志が必要です。』

とのコメント。

 

 酒とは何なのか、きっちりと理解していれば、酒を飲まないことについて誰に何を言われようと、自分の生き方が正しいことを再認識するだけのはず。

 

 例えば、今日私は、こんなtweetをした。

 

 これが、酒なのである。こんなものを飲むのをやめた自分は、素晴らしいではないか。男なら、毒を飲め!と言われたところで、それがおかしな発想であり発言であることが分かるので、別にどうと言うこともないと思うがどうだろうか。

 

 これは、断酒に関わらず、自分の人生をどう捉えるのか、の問題である。

 自分の人生を、他の人の人生や考え方に合わせる必要など全くない。

 自分自身のの人生なのだから、独立独歩を貫くべし。

 

 断酒に照準を合わせて言うならば、そもそも、飲酒礼賛社会に同調して来たのは過去の自分であり、これと決別して酒を断捨離したのが、今の自分ではないか。

 

 つまり・・・

 

 私は、断酒しているのではなくて、積極的に酒を飲まない生き方を選択し、日々楽しく生活しているのである。

 

 これが、私たち断酒erの生き様なのである。

 この言葉は、昨年の次の記事の、最後に書いてある。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 酒に酔った人の発言など、正気ではないのだから、いちいち気にすることは全く無い。酔っぱらいは、自分の言ったことを翌日に思い出せない。

 

 酒を飲むことが正当で、酒を飲まないことは不当だと言う考え方が、心の奥底にあればこそ、酒をやめた自分、断酒している自分が何となく後ろめたいのではないだろうか。

 

 これは真逆の真理であって、酒を飲むことは不当であり、酒を飲まないことこそ正当なのだ。

 

 何故ならば、酒とは、合法と言うオブラートで包まれた、有毒のアルコールが主成分の、飲み物だからである。

 

 その中身と薬効は、違法な薬物と何ら変わりがないのである。

 このことを分かっていれば、酒を飲まない生き方を選んだ自分に自信が持てるのである。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》