酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

気付け!飲酒のバカらしさ(断酒5年178日目)

f:id:anomiyakun:20180908220533j:plain

(札幌近郊の今日の夕日;読者の方より)

 「ばかばかしい!」

 「アホくさ!」

 

 信仰とまで呼べるほどに、その行為を尊んでいた飲酒だが、酒の真実に気付いた人は、一様に、上記の言葉を、吐き捨てるように、発する。

 

 それは、化けの皮が剥がれて、その中身が自分を害するものでしかないことに気付いた人の、酒に対する腹の底からの嫌悪である。

 

 酒を断った同志との会話が楽しいのは、お互いに飲まなくなった酒を、こてんぱんにやっつけることが出来るからである。

 

 「良くあんなもの飲んでたね!」

 「まったく!」

 「でも飲んでた時は、真剣で必死だったよね」

 「確かにね」

 「酒の真実に気付いてみれば、バカバカしいにも程がある(笑)」

 「そうそう、何だか、ほんとにバカバカしいね(爆)」

 

 こんな会話がいつも弾んでいる。

 

 ただひたすらに飲みたい酒を我慢するだけの断酒ならば、私など続くはずはなかった。酒をバカにすることが、ひとつの方法でもあった。

 

 酒命(さけいのち)!だった頭を180度切り替えて、思い切り酒そのものと飲酒習慣をバカにしてみるのが、かなり効果的である。

 

 ある特定の人を誹謗したり中傷したりするのではなくて、あらゆるアルコール入り飲料の総称としての、酒をバカにするのだ。

 

 飲んで酔うことの本質的な意味を、シラフの頭でとことん考えてみると、腹の底から、バカバカしさが込み上げて来るはずだ。一体、アレは何だったのか。とことん飲んでへべれけに酔っていた過去は、一体何だったのか。暫し呆然としてしまう。

 

 酒と飲酒のバカらしさに、気付くかどうかで、その後の断酒人生も変わって来る。

 

 気付かないと、酒への未練が残ったまま、ひたすらに我慢の断酒を続けることになる。明けても暮れても、酒が頭にちらつき、飲んではいけない、飲めない我が身を恨めしく思ったりするのだろう。

 

 これは、たまらない。一生、酒を恋い慕いつつ、近づけない寂しさで胸を焦がしたまま生きて行く断酒erも、中にはいるのだろう、きっと。

 

 その点、早い機会に、酒の真実を知り、酒を自分の心から追い出すことが出来たので、私の心の中では、酒と飲酒に関しては、完全に割り切りが出来ており、サバサバしている。

 

 未練など全くない。

 

 但し、思いとは裏腹に、私の脳は、飲酒の快楽を鮮明に記憶しているので、間違って一滴でもアルコールが入れば、過剰に反応してしまうことは分かっている。

 

 飲酒のバカらしさを十分に分かっていても、飲んでしまい、元に戻る可能性が残っており、この可能性をゼロにすることは出来ない。

 

 飲酒はバカらしいだけではなくて、恐ろしいことでもある。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》