酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

アル中にならない飲み方(断酒5年181日目)

f:id:anomiyakun:20180911222836j:plain

(満開のニラの花)

 断酒してからの日々、ブログを書くことによってアル中(アルコール依存症)の研究を日々して来た。

 

 今でも、ネットや書籍からアル中の情報を集めている。

 

 今日、初心に返って、アルコール依存症に関して書いてあるサイトをいくつも見ていたら、どこもかしこも、間違ったことを書いていることに気付いて、唖然とした。

 

 書いてあることが、丸で「講釈師見て来たような嘘をつき」なのである。

 

 一体どんな内容に関して、私がそれを感じたのか?

 

 それは、酒造メーカーのサイトにも、アルコール依存症関連の団体や組織のサイトにも、「アル中にならないための飲み方」に関しての記述があることだ。

 

 例えば、こんな感じ。

 

 ・酒浸りの生活は絶対に避けなければなりません。週に2日は休肝日を取りましょう。お酒を飲まない日を作りましょう。それと、精神的な辛さを、お酒で紛らわすのは良くありません。

 ・依存症にならないためには、次のことが肝要です。それは、「習慣飲酒」にならないように心掛け、常に「機会飲酒」に留めるようにすることです。

 ・飲む日より飲まない日を増やしましょう。どうしても晩酌をしたい時には、厚生労働省「健康日本21」の指標(節度ある適度な飲酒=1日純アルコール20グラム以内)を守りましょう。

 

 私は、これを読んで、強烈な違和感を感じた。

 

 \(*`∧´)/ちぃがぁーうだろぉっ!ちがうだろぉ!

 

 違う!そうではない!

 

 何を言いたいのかと言うと、アル中にならない万人向けの飲み方など無いと言うこと。アル中になる飲み方があるのでも無いと言うこと。

 

 私がこれまでに学んで来たアルコール依存症のこと、これまで会った多くの断酒仲間の話、そして自らの飲酒経験、これらを総合してはっきりと言えること。

 

 それは、アル中になるのは、飲み方の問題ではなく、アル中になる素質を持った人が、飲酒することによって、成るべくして成っているのである。

 

 極論すれば、アル中になる人は、生まれつきだと考えたほうがすっきりするし、断酒もやりやすいと思う。

 

 上に述べた、アル中にならないための飲み方が出来ている人は、特段に心掛けなくても、そのような飲み方に留まっているのである。

 

 アル中になってしまう人は、飲み出したら止まらない。ブレーキが壊れている?いやいやその前に、そもそもブレーキが付いていないのだ。

 

 断酒してから1年以内くらいに、多くの人がハマる罠は、

「ひょっとしたらアル中が治ったんじゃないか?」

である。

 

 元々付いていなかったブレーキが、ある期間断酒したことによって、装備された?そんなことがあるわけがない!

 

 アル中は、死ぬまでアル中なのだ。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》