酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

アルコールによる歯肉癌の恐怖(断酒5年190日目)

f:id:anomiyakun:20110923110517j:plain

 

 当たり前に飲んでいる酒が、各種の病気の引き金になること。

 

 断酒初年度は、調べては書き、また調べては書き、自分が酒をやめ続けるために、アルコールが如何に自分の身体に害を成すか暴いた。

 

 酒と口中の関係で考えた時、先ず気になるのは、虫歯だろうか。

 

 これは、既に調べてあって、記事にしている。今読み返しても、中々の内容である。これを読むだけでも、だらだらと酒を飲むのが如何に歯に良くないか分かる。 

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 今日書くのは、あまり聞いたことのない《歯肉癌》だ。

 

 たまたまyoutubeのお勧めのところに出ていたので、何気なく視聴してみたら・・・結構衝撃的な内容だった。

 

 普段私が見ない、テレビ番組で特集されていたものを、どなたかがUPしていたものだった。内容はざっと次のようなもの。

 

 トラック運転手のAさん(男性・50代)は、酒とタバコが大好き、何十年も飲酒と喫煙を続けている。

 

 ある日、歯ぐきからの出血に気付くが、歯周炎(歯槽膿漏)だろうと軽く考えて、放っておいた。

 

 だが、出血の他に、歯ぐきの腫れ→奥歯がぐらつきシクシク痛む→脈打つような奥歯の痛み→唇の感覚が無くなる→激痛が走り口が開かない、と、どんどん悪くなって行く。

 

 医者へ行くと、歯肉癌と診断されて、処置は、下顎右半分切除という、大掛かりな手術となった。

 

 歯肉がんになる人は、年間2000人以上で、50代男性に多く、30年前に比べて3倍に増えているそうだ。

 

 酒とタバコと両方とも毎日身体に入れている人は、そうでない人に比べ、歯肉癌になる確率は、2.5倍とのこと。 

 

 この番組に出ていたAさんは、タバコは一日二箱、酒は毎日3合以上飲む生活を、25年以上続けていたそうだ。

 

 どんな原因で歯肉癌が発症したか、解説されていたので、書いておく。

 

 ①タバコのタールやニコチンが血行を悪くし、歯肉の粘膜を刺激

 ②酒のアルコールも直接粘膜を刺激

 ③この刺激が長年続くことにより、歯肉の細胞の遺伝子が突然変異し、癌化

 ④出血は癌細胞が成長するために作り出した新たな血管からのもの

 ⑤歯ぐきの腫れは、癌細胞が増殖して大きくなったから

 

 禁煙した人は、

「タバコは吸ってなくて、酒だけだから、いいや」

なんて、考えてしまうかもしれない。

 

 いやいや、酒だけでも十分に危険因子のアルコールをたっぷり含んでいるのだ。何しろ、酒の主成分アルコールは、人体にとってはオールマイティな毒物である。

 

 酒とは、飲めば一時浮世の辛さから解放してくれて、頭の中をお花畑にしてくれる、まことに手軽な麻薬的飲み物ではある。

 

 アルコールなる薬物がそうさせているのだ。当たり前の薬効に過ぎない。その副作用にこそ注目し、断酒の糧にしよう。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》