酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲みたい気持ちは消失する(断酒5年199日目)

f:id:anomiyakun:20180929230932p:plain

 五十路を過ぎてから、時の経つのはとても早いと感ずるようになった。

 

 先日、秩父へヒガンバナを見に行ってから、もう1週間が過ぎてしまった。

 

 あの日、亡き祖父のカメラを携えて、一緒に秩父へ行った息子から、今度は紅葉を撮影に行きたいから連れて行ってほしいとの、嬉しいひと言があった。

 

 紅葉と言えば、酒をやめた5年前の秋に、秩父の東郷公園の紅葉祭りに行ったことを思い出して、撮ったビデオや写真を見直してみた。

 

 5年前のその日の記事がこれ。懐かしい。《断酒254日目》が、何だか初々しい。

 

nomisuke.hatenadiary.jp この記事の中で、

~~~~~~~~~

飲みたい気持ちは一生無くならないんだ。アルコール依存に治癒は無い。そうか。ある日を境に、飲まない人にへーんしーん!てのを考えていたのだが、これ、有り得ないことなんだ。

~~~~~~~~~

と書いている。

 

 酒を断ってから8か月ほどになった晩秋のこの日は、とても寒かった。祭りのイベント会場で売っていた酒と、それをとても飲みたかった自分が、妙に生々しく脳裏に蘇った。

 

 半年以上酒を断っているのに、売られている酒を見て、飲みたい気持ちが湧いたので「飲みたい気持ちは一生無くならないんだ。」と、悲観的に書いたのだろう。それならば、仕方ないとの、諦観だった。

 

 ところがところが、どの日を境に飲まない人にへーんしーん!したのかは定かではないが、私は確実に飲まない人に変わった。一生無くならないと諦めていた《飲みたい気持ち》は、私の中から消えた。

 

 もし、今でも《飲みたい気持ち》が残っていたら、これほどに断酒生活は快適でなかっただろうと思う。

 

 今、酒を断ってから間もない人へ伝えたいのは、私の経験から、飲みたい気持ちが消えること。すぐには無理だが、徐々に薄まって行き、いつの日か消えること。《飲みたい気持ち》が消えた断酒生活は、最早断酒ではなく、飲まない生活である。

 

 但し、私の場合、酒を大嫌いになる断酒方法を採用して、結果的に今、酒を飲みたい気持ちから全く開放されたわけだが、他の方法ではどうなるかは分からない。

 

 どうせ酒を断つなら、酒害と、酒の化学的&薬学的な部分を徹底的に調べ上げ、人体への有害性を己の頭に叩き込み、徹底的に酒を嫌うことをお勧めする。

 

 この、飲酒欲の権化のような私でも、酒を飲みたい気持ちが綺麗さっぱりと失せたのだ、きっとあなたにも同じことが起こると思う。

 

 一生飲まない!と決めた酒ではないか。そんなもの、徹底的に嫌いになってやれば良い!あなたが酒を嫌ったところで、誰も困りはしない(笑)

 

 飲みたい気持ちが消え失せた日、あなたは、高らかに笑うことだろう。

 

 「ヾ(@^▽^@)ノわーっはっはっあ!酒飲みたくないぞ~~~」

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》