酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

同級生のアル中事件(断酒5年213日目)

f:id:anomiyakun:20181013165809j:plain

 

 この週末は、我が家の飲めない仙人すももは、所用のため、帰省中。

 

 今日は、すももから聞いた、アル中同級生の話をば。

 

 昨夕、故郷の友達に会って、色々とお喋りしていた中で、同級生が今年の春に、飲酒運転で事故を起こしたことを知ったそうだ。因みに、その同級生の性別は♂。

 

 かなりド派手な飲酒運転事件で、報道もされ、実名でググると、山のようにその情報が出て来る。今や、一度何かやらかすと、あっと言う間に全世界に晒されてしまう。インターネットは、便利な反面、恐ろしいインフラであることは確か。

 

 かつて、学校である期間一緒に過ごした同級生が、何十年もの時を経て、飲酒運転事故を起こしたアル中犯人として目の前に現れたわけだ。

 

 すももに、同じクラスだった頃、どんな男だったか聞いてみた。

 

 「大人しくて、あんまり目立たないけど、頭は良かったねぇ・・・」

 

 なるほどぉ~

 

 この飲酒運転事件が今年の春頃で、今夏、別の同級生が、アルコール依存症外来のある病院で、彼を見かけたとの話もあったそうだ。通院か入院か、しているのかもしれない。

 

 ところで、同級生って、どんな存在なのだろう。

 

 故郷の同級生というものは、卒業後何十年も会っていなくても、何だかとっても身近な存在に感ずる。最近、私の所へ、中学生の頃の同窓会の案内が往復ハガキで届いた。

 

 幹事役の数名の名前を見て、すぐに顔が浮かんだ。もちろんそれは、中学生の頃の顔であって、今の顔ではないけれど(笑)

 

 大人になって、酒を覚えて、そのままずるずるとアルコールの闇に誘い込まれてしまったならば、すももの同級生のように、ある日突然にアルコールがらみの事件を起こさないとも限らない。

 

 30年以上飲酒を続けた私が、その間に大きな事件を起こさなかったのは、ただ運が良かっただけだ。今こうして命があることも、偶然に過ぎない。

 

 私が断酒してブログを書き始めて、自分の病に気付いてから、ずっと主張していること。

 

 それは、最低限、50歳になったら、無条件で断酒するのが良い。

 もちろん当たり前だが、断酒するのは、もっと若ければ若いほど良い。

 45歳、40歳、35歳から、いやいやもっと早くから・・・その前に、20歳になって、或いはもっと早い段階で、酒なんぞ飲まない人生を選ぶのが、究極の良い人生であることは間違いない!

 

 中年になると、日々身体は衰えている。外見だけでなく、内臓や筋肉にも、じわじわと抗えない老化という現象が起きている。その身体へ、若い頃と同じ量のアルコールを日々流し込むことの、無謀さ。

 

 すももから、彼女の同級生の飲酒運転事件を聞いて、私は、自分の断酒を心から喜んだ!やっぱり、あの時に酒を断って良かったなぁ~!!と。 

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》