酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

未来から今の自分を俯瞰する(断酒5年227日目)

f:id:anomiyakun:20181027222238j:plain

 二日ほど前に、こんなtweetをした。

 

 

 今にきっと、タバコが辿ったのと同じように、その人体への有害性の化けの皮が剥がされ、 酒もきっと廃れて行くだろうと確信している。

 

 お勧めしたいのは、そこまで先でなくて良いから、自分が飲酒という悪習慣から完全に解き放たれて、自由になっている、未来を想像することだ。

 

 5年7か月前の私は、酒を断ったはいいが、右も左も分からず、不安で一杯で、これから先一体どうなってしまうのだろうと、ドキドキしていたものだった。

 

 あの頃の私からすると、今の私は未来にいるわけだが、全く落ち着いている。

 

 あなたもきっと、今の断酒を続ければ、3年後、5年後とは言わない、1年後には、落ち着いているはずだ。

 

 1年後のあなたが、今のあなたを見ていると考えてみてほしい。何だか妙だが、楽しくもあるだろう。

 

 やり始めたその時はうまくできなくて、この先どうなるのだろうと不安になるけれど、慣れて来ると、当たり前になること、例えば、自転車に乗ることで考えてみる。

 

 今、当たり前に自転車のペダルを漕いでいても、最初からそれが出来た人はいなくて、必ず、練習期間があったはずだ。フラフラしていたのに、ある時、すいすい乗れるようになった自分がいたのだ。

 

 未来には、出来るようになっている自分が必ず存在している。その未来の自分から、今の自分を見てみるのも、断酒にとっては良いことだ。

 

 出来るようになっている自分になりきってみるのも、ひとつの考え方である。

 

 酒に囚われている自分は、とても視野が狭く、酒しか見えなくなっている。飲むのが当たり前の生活が長かったから、酒以外のことが考えられなくなっている。

 

 一方、酒を断つと、酒以外の世界へと目が向き、酒を飲んでいる頃には考えられなかったことを始めたり、人に出会ったりするのだ。

 

 酒を断ち続ければきっと、1年後のあなたには、劇的な変化が起きている。一日一日には大した変化を感じないのだが、それが積み重なって1年になると、365日前の自分とは全く違っている。

 

 1年後の未来から、今のあなたを見てみるのも、断酒がおもしろくなる秘訣かもしれない。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》