酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒のパラダイムシフト(断酒5年233日目)

f:id:anomiyakun:20181102222022j:plain

《8年前に義父が撮影した夏油高原と西和賀の紅葉より》

 

 「よく、毎日書くことがありますね?」

 「5年以上、毎日ブログを書いてるなんて、信じられません!」

 

 たまに、こんなことを言われる。

 

 意地を通して、毎日ブログを書いているのは、酒を飲むことのバカらしさ・危険性を、もっと多くの人に知ってもらいたいからである。

 

 酒を断ってから5年7か月、断酒については、書籍、ネット、その他から実に多くを学んで来た。

 

 手前味噌になるけれど、私のように、はっきりと、堂々と、

「酒は毒物だ!飲み物ではない!」

と主張している媒体(書籍、ブログその他)を見たことがない。

 

 (かなり考え方が近い、或いは殆どニアリイコールの人がたった一人いらっしゃり、それは、ベストセラー『禁酒セラピー』のアレン・カー氏である。)

 

 一般的に、断酒は、酒ありき、飲酒ありきを大前提にしている。だから、ダメなのだと思う。

 

 酒が飲める人が一人前、酒のある世の中が当たり前で、酒を飲めない人は異常だとか病気だとか、そんなことがまことしやかに多くの人の常識になっている。

 

 それなので、そこから漏れた断酒者は、ある種惨めな思いをするのである。酒なんて、毒なのだから、本当は真逆で、飲まない人、断った人が正常なのに! 

 

 ところで、私は、自分の心の中を日々探っている。  

 実際のところ、酒なる毒を飲みたいという欲求は皆無である。

 

 もちろん、病であるアルコール依存症を患っており、これは一生治癒しないことを十分に学んだので、知っている。

 

 なので、ほんの少量の酒が口から入れば、たちまちにして元の飲んだくれに戻ってしまうことだろう。

 

 かつては、酒を嫌いになるために努力をしていたが、それで大嫌いになったあと、酒に対しては、もう一歩進んで、好悪の感情は消えた。 

 

 今や私には、酒なる毒入り飲料は、好きとか嫌いとかの対象ではないのである。酒は、私にとっては、ドブの水と同じことなのだ。ドブを流れる水を好きとか嫌いとか言わないだろう。

 

 なので、飲酒欲求が消えた人は、本当に消えたのである。逆にそれを、いやいや残っていなければおかしいなどと言うほうが、おかしいのである。

 

 巷でよく聞く、アル中を更生させるための《アルコールに対して無力》なる文言だが、これはそもそもが、酒を飲み物として扱っているから出て来るわけである。

 

 《青酸カリに対して無力》

 《ストリキニーネに対して無力》

 《テトロドトキシンに対して無力》

 

 3つほど毒を並べてみたが、これなら「当たり前だろ!」と言われるだろう。アルコールも、これらと同列の、毒なのだ。

 

 以前から主張していることだが、酒を自分の飲み物リストから除外することこそ、断酒のパラダイムシフトだと思う。

 

 もちろん、断酒の理論もやり方も色々、それを実践する人もそれぞれ。なので、個人個人、その人に合ったやり方・考え方・取り組み方で良い。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》