酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

自分の中の反面教師(断酒5年237日目)

 ここのところ、どういうわけか、断酒の反面教師が私の目の前に現れる頻度が増している。

 

 今朝は、こんな感じだった。

 

 

 このことを、夕食前にかみさんと話した。

 

 のみすけ:「頭に来ちゃうのはさ、後片付けもしないで、立ち去ったことだよ!」

 かみさん:「ふ~ん。ところで、あなたは、自分のを後片付けしたことあるの?」

 のみすけ:(うっ!)

 

 あぁ~。ついつい義憤に駆られて、叫んでしまったが、過去の飲んだくれ時代に自分もしていたことを、うっかり忘れていた!

 

 そう、私の飲んだくれ時代、今朝のサラリーマン氏のようなことを何度もしたが、一度だって後片付けや清掃などしたことがないのだ。

 

 まったく、本当に、私の酔っぱらいの飲んだくれ時代を思い返してみれば、どうしようもなくろくでもない存在であった!

 

 日曜日に見たアル中や、今朝見た二日酔いの酔っぱらいなど、断酒している身にとっての格好の反面教師が現れて、警告をしてくれているわけだ。

 

 が、かみさんと話していて気付いたのは、一番の反面教師は、自分の中にいる。それは、過去の飲んだくれ時代の自分である。

 

 数年酒を断っていると、ついついその辺にいる酔っぱらいが気になり、

「やだやだ!あんな酒飲みは!自分は断酒して良かったな~」

と、過去の自分を忘れて、自分以外の酔っ払いに目くじらを立てることが多くなる。

 

 何をエラそうに!?高々5年数か月酒を断っているだけではないか。6年前の今ごろ、自分は、飲んだくれ、道路にゲロを吐いて、そのまま立ち去っていたではないか!

 

 考えてみると、断酒が板に付いて、飲まない生活が当たり前になっても、永遠に飲まないアル中であるからには、常に断酒の反面教師が心に同居していることを自覚しておかないといけない。

 

 ひと口でもこいつに酒を与えると、たちまちにして断酒erの自分はどこかへ退場し、飲んだくれの自分が復活してしまうのだから。

 

f:id:anomiyakun:20181106210434j:plain

 そんなわけで、今日は初心に返り、初年度の辛かった頃のブログを読み返してみた。

 

 そこには、初心者マークを付けて、おどおどとそろそろと断酒号を運転している自分がいた。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》