酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

考え方を180度転換する(断酒5年245日目)

f:id:anomiyakun:20181114210929j:plain

 今日、こんなtweetをした。

 

 

 酒=アルコール=薬物=毒

 

 この等式を理解出来ると、断酒はとても楽になる。何故ならば、自分が断った酒なる飲み物は、自分にだけではなく、人間全てに対して有害なものである。それを自分の意志で断ったのだから、素晴らしいことなのだ。

 

 これから一生、もうあんなもの(アルコール)を飲まなくて良いんだよ!

 

 毒を身体に入れ続けていたのをやめたことを、素直に喜ぶべきなのに、何故に悲しむ人がいるのか。

 

 以前、こんな記事を書いたことがある。リンク先の記事を読むのが面倒な方のために、ここに、その記事にある、ブログ読者の方のコメントを再録してみる。

 

 『ある人が、「もう飲めないんだ」と思うから未練が残るし、辛くなる。 「これからは飲まなくて済む」と思う事で気持ちが楽になるんだ。と言っていたのを思い出しました。 自身の身体や脳みそに侵入し、細胞を破壊していった毒薬を自ら絶った事で己に勝ち、酒に勝った。 「もう飲まなくて済むんだ」 これは効きましたね。 捉え方次第で酒に対する未練を断ち切る事ができました。 言葉って面白いですね。』

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 もう一度、ポイントとなる文章を抜き書きしてみる。

 

 「これからは飲まなくて済む」と思う事で気持ちが楽になるんだ。

 自身の身体や脳みそに侵入し、細胞を破壊していった毒薬を自ら絶った事で己に勝ち、酒に勝った。

 

 私は以前、タバコをやめる時も、もう一生喫煙出来ないのか、と、タバコとの別れがとても辛かった。その気持ちの時は、タバコの毒性など少しも考えはせず、吸った時の快感だけが、頭の中でリフレインしていた。

 

 酒をやめるときも同じで、もう一生飲めないのか、と、酒との別れがとても辛かった。その気持ちの時は、アルコールの毒性など少しも考えはせず、あのアルコールが回って気持ちよく酔った時の快感が、頭の中でリフレインしていた。

 

 タバコも酒も、断つ決意をしたならば、その毒性に着目し、未練を断ち切るのが良い。それぞれ、断つことによって、これからはもう、身体に毒を取り入れることはしなくてもいいんだ!と、素直に喜ぶのが一番理に適っている。

 

 大いに笑って、もう、酒を飲まないでも済むんだ!嬉しいな!と叫ぶのが良い。

 

 最初はやせ我慢でも、その内に、本当にそういう気持ちになる。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》