酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒は虫歯の治療に似ている?!(断酒5年246日目)

 酒を断ってからの私は、ほとんど医者へも行かなくなった。

 

 あそこが痛いとか、腹の調子が悪いとか、吐き気がするとか、大酒飲みだった頃は日常的だった身体の不調というものが、断酒によって私から遠ざかったようだ。

 

 指折り数えてみたら、2年前の12月、虫歯治療の詰め物の金属が取れて、歯医者へ行ってから、医者へは行ってない。その時も、取れた詰め物を、歯科用セメントでもう一度固定してもらっただけで、治療は終わった。

 

 2年前の6月に左足の脹脛に肉離れを起こした時も、医者へは行かずに治した。まあ、生来の医者嫌いと言うのもあるが・・・

 

 ところで、歯医者と言えば、虫歯だが、断酒初年度に、こんな記事を書いた。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

f:id:anomiyakun:20181115220730p:plain

 酒を断ってから、約1年間くらい、あんなにも甘いものにハマっていたのにも関わらず、私の歯は、悪化しなかった。

 

 奥歯は全部、その他の歯も、子供の頃からの虫歯で、治療済みの歯ばかりなのだが、断酒以来、歯医者へ行く頻度が減った。

 

 酒(アルコール)が、歯に良くないのは、事実のようだ。酔っ払って寝てしまい、歯磨きをしないのと、アルコールそのものではないが、飲料としての酒には、糖分が含まれているものが多いので、それをダラダラ飲むのが虫歯になる原因らしい。

 

 とまぁ、つらつらと虫歯のことを考えていたら、断酒と虫歯治療は何だか似ていることに気付いた次第。

 

 ☆虫歯☆

 ①一度齲蝕してしまうと、二度と元の歯には戻らない。

 ②悪いところを削って、補填すれば、健常な歯と同じように噛める。

 ③補填物が取れたら、また補填しないと、悪くなってしまう。

 ④虫歯を放っておくと、歯を失ってしまう。

 ⑤歯を失ってしまう人に限って、大丈夫と勝手な自己判断で虫歯の治療を怠る。

 ⑥なぜ虫歯になったのかの、原因究明が大事。

 ⑦虫歯は初期の内なら、治療が容易である。

 

 ☆アルコール依存症☆

 ①一度アル中になると、二度と元の健常者には戻らない。

 ②酒を断って、それを継続すれば、健常な人と同じように生活できる。

 ③スリップしてしまったら、また断酒しないと、アル中が悪化する。

 ④アル中を放っておくと、人生を失ってしまう。

 ⑤人生を失ってしまう人に限って、大丈夫と勝手な自己判断でアル中の治療を怠る。

 ⑥なぜアル中になったのかの、原因究明が大事。

 ⑦アル中は初期の内なら、治療が容易である。

 

 自分の飲酒にほんの少しでも問題を感じたら、もはやアル中に間違いないのだ。初期の虫歯が痛んでいるのと全く同じなのだ。

 

 病状が進むと、削り取る悪い所が多くなり、穴もでかくなり、更に悪化すると、抜髄と言って、歯の神経を取ることになる。が、それでも、根管治療をしっかりやってもらい、そこに金属の詰め物を補てんすれば、決して元の歯には戻らないけれど、噛む機能は回復する。

 

 治療しないで放っておくと、どんどん悪くなり、抜歯に至る。

 

 アルコール依存症も、同じだ。酒を断てば、治癒はしないが回復はする。

 回復へのスタート(断酒)は、アル中が軽症の内が一番良い。

 

 断酒しないで放っておくと、どんどん悪くなり、人生が終わる。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》