酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

24時間のアル中(断酒5年248日目)

f:id:anomiyakun:20181117225430j:plain

 今日の午前中、10時ごろだったが、用があって二駅先まで電車に乗って出掛けての帰りだった。 

 

 私が座った目の前に、何やらぶつぶつ呟きながら、レジ袋にくるまれた酒をちびちび飲んでいる老人がいる。

 

 アルコールの悪臭が、強烈に漂っており、私の鼻腔にも容赦なく入り込んで来る。一体、いつどこから乗車して、どれだけ飲んだら、こんなにもアルコールが空気中を浮遊するのか。

 

 いつもならすぐに席を移動するのだが、たった二駅のことなので、私は、その老人を観察することにした。

 

 男性で、きっと70歳代だろう。薄汚れたヨレヨレの格好で、髪の毛はボサボサ。呟くその口元を見ると、ほとんど歯がない。時おり手を振り上げたり、私を見てニヤニヤして話しかけたそうにしたり。

 

 恐らく、この人は、酒が切れたらどこかで調達し、こうして飲み続けている、24時間のアル中なのだと思った。もはや、酒に自分の人生を明け渡してしまっている。見ていて憐憫に堪えない。

 

 きっと自分も飲み続けていたら、目の前にいる老人のようになっていたことは、間違いない。

 

 24時間身体にアルコールが回り続ける、燃料がアルコールのロボットのようだ。生活が酒中心に回り、酒が切れないように細心の注意を払って、酒を調達しているのだろう。

 

 一人暮らしなのか、同居する家族がいるのか、その老人を見ただけでは分からないが、もし家族がいるとしても、邪魔者扱いされ、疎外されていると思う。

 

 そしてますます、酒に逃げ、酒にハマり、酒に溺れて、酒の世界だけが、自分の現実となって生きている。それが、24時間のアル中だ。

 

 さて、ここで話しは変わるが今朝、関西弁のCさんからLINEが入っていた。

 

 彼は、昨年運送関係の仕事に転職し、早朝からハンドルを握っているわけだが、今朝の始業前アルコール検査に引っかかってしまったのだそうだ。

 

 始末書を書かされ、大いなる反省を、会社から促されたとのこと。

 

 その愚痴りのLINEでは、自分はアルコールの問題など抱えていないし、このくらいなら、車の運転に何の問題もない。こんなアルコールの検査は、非常に不愉快だと書いていた。

 

 Cさんが昨夜、かなり多くの酒を飲んだことは間違いないのにね。

 

 彼は、24時間飲み続けるアル中ではないが、飲んだ翌日まで酒に支配されてしまっているので、24時間のアル中に近づきつつあることは間違いはない。

 

 断酒は、問題飲酒を抱えつつ生きている、大いなる飲んだくれ人間にとって、人生を正すための最後の手段であり、救いの糸である。

 

 酒は、飲むも、飲まないも、意図的に自由自在に操ることの出来る人の飲み物である。飲むだけしか出来ない人は、飲み続けて廃人になるか、断って真人間になるか、の道しかないのだ。

 

 最後に、特に、今年から断酒を始めた人に、これだけは言っておきたい。

 

 人生のどこかの時点で酒を断たずに、そのままだらだらと飲み続けて、24時間のアル中になってしまわぬよう、せっかく始めた断酒だ、そのまま、年を越し、更には翌年全期間にわたって、素面を貫こう!

 

 酒なんぞ、飲んでる場合じゃない!

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》