酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

アルコールに堕ちた人は打て?!(断酒5年262日目)

f:id:anomiyakun:20181201215611j:plain

 「水に落ちた犬は打て」

 

 ある文章を読んでいたら、このことわざに出くわした。

 

 このことわざは、「水に落ちた犬は打つな」を、魯迅がひっくり返して作ったものだそうだ。興味がある方は、ご自分で意味を探ってみて頂きたい。

 

 アルコールで何か事件を起こした者は、マスコミやネット上で、袋叩きにされるので、そのことを比喩的に、このことわざにかけて、

「アルコールに堕ちた人は打て?!」

と、タイトルで表現してみた。

 

 ある人が、その時点までの人生で、数十年かけて徳を積み上げて来たとしても、一度アルコールに堕ちたら、一瞬で立場は逆転し、徹底的に、完膚なきまでに叩かれる。それが、世の中の常である。

 

 墜ちた人を打つ側(マスコミ、ネット)には、血も涙もない、何の容赦もない。

 

 マスコミもネットも、酒を持ち上げるだけ持ち上げておきながら、飲み過ぎてやらかした人を見つけると、ピラニアのように、ハイエナのように、食い尽くす。

 

 やらかして、叩かれている人を見て、酒を飲みながら、自分はあんなバカなマネはしないと、ニヤニヤ笑っていても、そうならない保証などなくて、気付いてみたら、同じ穴のムジナだったと、こうなることが多いのだ。

 

 酒を飲み続けている限り、誰にでも等しく、アルコ―ルに堕ちて、やらかす可能性はある。なぜなら、酒の主成分アルコールは、魔の薬であるから。

 

 このことが分かると、酒で失敗しないためには、酒の飲み方を工夫するのではなくて、酒そのものを飲まない、断酒以外には方法がないことが腑に落ちる。

 

 泥酔して何かやらかすと、それを嗅ぎ付けたマスコミによって、事件の詳細が世の中に暴露され、知れ渡る。アルコールに堕ちた人は、徹底的に打て、とばかりに、前後左右上下、あらゆる方向から打たれる。

 

 何十年もの間、コツコツと積み上げて来た信用も、実績も、アルコールに堕ちた、ほんの一瞬の出来事で、ガラガラと崩れ落ちる。自分への評価も、あっという間に地に落ちる。

 

 何と言うことだ。営々粒々辛苦して、やっとここまで来たのに、泥酔してやらかした、たったひとつの出来事で、全て失ってしまった。と、こうなる。

 

 今年は、芸能界でも、アルコールが原因で何人かが事件を起こして、話題になった。その度に、マスコミは、上を下への大騒ぎで、報道していた。

 

 アルコールに堕ちてやらかす事件は、破廉恥だったり、危険だったり、マスコミが飛び付くには、格好のネタになることが多い。アルコールで脳が麻痺することにより、理性が飛んでしまうので、事件の性質的には、どうしても似通ったものになる。

 

 「アルコールに堕ちた人は打て?!」の罠にハマらないためには、アルコールに堕ちなければ良い。

 アルコールに堕ちないためには、酒を飲まなければ良い。

 酒を飲まないためには、断酒すれば良い!

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》