酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒は勧めない、見せつける(断酒5年267日目)

f:id:anomiyakun:20181206230514j:plain

 我が友、関西弁のCさんは、相も変わらず飲んだくれている。

 

 飲み過ぎて調子が悪いとか何とか、愚痴が時たまLINEに入っているが、何と答えたものか、いつも考えてしまう。

 

 前夜酒を飲み過ぎて、今日気分が悪いのは、自業自得ではないか。それを他人に訴えたところで、どうなることでもないだろう。

 

 私は「それは辛いね~。」とか、当たり障りのない返信しかしない。

 

 飲んだくれに断酒を勧めても「くたびれ損の骨折り儲け」なので、それは、絶対にしない。このことは、かつての自分を思い起こすならば、良く分かる。酒飲みは、人の言うことなど聞きはしない。あまつさえ、それが「断酒のススメ」などであれば、なお更聞く耳持たぬ。

 

 そこで、私がしているのは、断酒している自分を見せつけてやることだ。まぁ、言われる飲んだくれにしてみるとこれ、嫌みでしかないだろうけどね。

 

 「あ~、そう言えば、私はかれこれもう、5年になるけど、二日酔いなんてしたことないな。だって、酒飲まないんだもん。」

 

 こんなようなことを言うと、

「へぇ~。それは凄いでんなぁ。私には酒をやめるなんて、考えられませんわ。」

 

 断酒に関心を持つのは、本人にやめる気がある場合であって、端から他人の断酒を自分に引き写して考えようともしない人は、飲み続ける。

 

 なので、断酒を他人に勧めることは、全くの無意味なので、しない方が良い。その代わり、自分の断酒をひけらかしてやるのだ。

 

 そう言えば最近、酒を断ってから全く会わなくなった、かつての飲み友達と、あるSNSを介して久しぶりに連絡を取り合った。

 

 その人は私と全くの同い年であるが、この5年9か月くらいの間、飲み続けて来た。彼はアルコール依存症ではなくて、単なる酒好のようだが、毎日酒を飲んでいることは間違いない。

 

 酒の話題が多く、私の断酒を、今でも唖然として受け入れられないようだ。酒を大好きな彼にしてみると、かつてあれだけ飲んでいた私が、酒を断ったことに、とても違和感を感じているみたいだ。

 

 どこかで見切りをつけて酒を断つか、そのまま飲み続けるかによって、人生の終盤に於ける酒の有無が、有終の美を飾るか、晩節を汚すかの、分かれ目になることが多い。

 

 このことがあって、本当は、世のすべての飲んだくれに、断酒を勧めたいのだが、先ほども書いた通り、飲んだくれは聞く耳持たぬ。

 

 では、どうするかと言えば、断酒している自分を見せつけてやるのだ。

 

 飲んだくれにとっては、嫌みでしかないだろうが、酒を飲まないことについて、何かしら気付きがあれば、儲けものではないか。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》