酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲酒の本質は狂うことである(断酒5年282日目)

f:id:anomiyakun:20181221221223p:plain

 年末と言うこともあって、夜遅くに乗る電車には、あっちにもこっちにも、酒臭い人がいる。

 

 酒を飲めない体質のかみさんや息子が、ぼやくことぼやくこと。いつにも増してこの季節は、悪臭を放つ人が多過ぎる。

 

 酒をかつて飲んでいた私でも、その独特の臭気にはおぞ気だつわけだが、酒を飲めない体質の人にしてみると、飲んだくれ共が放つ臭気の中に残留した微量のアルコールさえ、受け付けないのだろう。

 

 酒の悪臭を放つ輩は、夜だけではなくて、朝もいるのだそうだ。朝に酒臭い人は、昨夜飲み過ぎて、二日酔いのまま、出勤に臨む人だ。

 

 この事実だけでも、酒を飲む人は狂っていると言える。悪臭を放ち、二日酔いで頭がガンガンするために、酒を飲むのだろうか。 

 

 今朝、気付いたのは、飲酒の本質とは狂うことである事実。

 続けてtweetした、狂い水の短歌。

 飲酒の本質は狂うことだなんて、冗談じゃない!と言われそうだが、では、正気の人が酒を飲んで、賢くなるだろうか。

 

 酒(アルコール)は、酔うために飲む。酔うとは、そも狂うこと。何故ならば、アルコールが脳に回り、大脳が麻痺するからである。

 

 酒を飲んで酔うと、

《精神が乱れ、正常な考え方ができなくなる。気が違う。物事に異常に熱中して見さかいがつかなくなる。》

 これぞ、狂うことと同等ではないか。

 

 年末年始、酒の狂人があちこちに出現する。ここのところ、報道を見ても、いつもよりも酒絡みの事件・事故が多い。

 

 今宵も、忘年会やらクリスマス・パーティやらで、狂う人が多く出て来る。ただ飲み過ぎただけならば良いが、たった一度の泥酔で、自分の人生や他人の人生を狂わせてしまうことがある。

 

 飲酒の本質は狂うことにある。これが分かると、酒を飲む気が失せる。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》