酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

6回目の酒なしの大晦日(断酒5年292日目)

f:id:anomiyakun:20181231222809j:plain

 2018年も、ついに大晦日を迎えた。

 

 私の断酒初年度(2013年)の大晦日は、酒なしで過ごすことに、とても違和感があった。

 

 世の中のウソの常識に汚染されていた私の頭は、年末年始は酒を飲むものと信じて疑わなかった。それなので、酒なしで送る大晦日は、とてもつまらなく、何だかとても損したような気分だった。

 

 6年前の大晦日のブログを読み返してみたら、正直な気持ちの吐露があった。まだまだ酒を飲みたい日があると。

 

 2013年の大晦日のブログを読んでみて、それ以降の大晦日の日のブログを読んでみたくなり、2013~2017年までの大晦日の記事を並べてみた。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

nomisuke.hatenadiary.jp

nomisuke.hatenadiary.jp

nomisuke.hatenadiary.jp

nomisuke.hatenadiary.jp

 2年目の2014年の大晦日のブログは、断酒がかなり安定していることを示している。最初の1年間をやり過ごした後、酒への未練はきれいさっぱり消え失せた。

 

 当ブログを読んで下さっている方は、どんな大晦日を迎えているのだろうか。酒をやめてからの経過日数によって、その思いは人それぞれだろう。

 

 飲まない大晦日を送ることの出来た人は、今日から断酒を始めた人であっても、明日の元旦からは断酒2年目を迎えることになる。

 

 それだけ、酒なしで年を越す体験は、これまでの飲んだくれ人生を送って来た人には、とても自信になる。飲まないで年を越し、その勢いで正月も断酒で過ごすことが出来れば、迎えた新たな年のスタートは最高のものとなる。

 

 オフ会で、酒を断った仲間に会うと、彼らの瞳は輝き、かつての飲んだくれていた日々を糧に、飲まない生活を大いに楽しんでいるのが分かる。

 

 日本全国に、世界中に、酒を断った仲間がいる。今、辛い人もいれば、もう断酒に慣れて生活が快適な人もいる。それぞれの思いで、今日の大晦日を迎えていることだろう。

 

 あなたは、何回目の酒なしの大晦日になるのだろう。

 

 今日が初回だとしたら、来年の大晦日は2回目。1年の歳月は、断酒生活を安定させるはずだ。

 

 明日の元旦から、また、一日一日、飲まない日を積み重ね、大晦日を目指そうではないか。1年は、長いようで短く、短いようで長い。酒を飲まないで過ごすことが出来れば、その1年はきっとあなたにとって、真に生きた1年となるはずだ。

 

 飲んだくれる1年と真に生きる1年。

 

 もちろん、明日からも、酒なしで、真に生きる1年にしよう!

 

(冒頭の写真は、我が家のちぃちゃん)

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》