酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

命より 目前の酒 なぜ選ぶ(断酒6年40日目)

f:id:anomiyakun:20190423190216j:plain

岩手の夜桜(ティモ太郎さんより)

 舌の根も乾かぬうちに、はたまた、喉元過ぎれば熱さを忘れる!?

 何のこと??

 ええと、関西弁のCさん、飲酒再開の巻。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 Cさんが断酒erになった!との記事を書いたのが、今からたったの2週間前のこと。つまり、Cさんの断酒は2週間で終わりを告げたようだ。(実際にはもっと短かったのかもしれない。)

 

 Cさんの飲酒再開の情報は、本人からではなくて、私とCさんとの共通の友人からなので、確かである。

 

 服薬によって糖尿病の症状が安定し、医者も酒をやめる必要はないと言ったのだから、と、飲みだしたのだろう、きっと。

 

 ほんの短い期間だがやめていた時は、

もう酒は要らないとか、

酒なんて飲まないほうが楽だとか、

酒なしで迎える朝が気持ちいいとか、

断酒の良さの感想を述べていたCさんだったのだが・・・

 

 糖尿病は、食事や飲み物を制限し、運動を取り入れることによってコントロール出来る病ではあるが、Cさんの場合、酒だけでなく、大食も復活したし、運動もほんの少しやっただけで、もう中断しているようだ。

 

 Cさんのような人は、割と多いと感ずる。

 

 断酒をするぞ!と声高らかに宣言し、実行するのだが、ほんの短い期間だけで終わってしまう。

 あまりの飲酒欲求に耐えられず、何のかんのと飲む理由をひねり出して、飲酒を再開してしまうのだ。

 

 これは飽くまでも私の考えだが、断酒とは、極論すれば、命を選ぶことである。酒を飲み続けるのは、命を捨てることである。

 

 飲んだくれたままでは、自分の本当の命を生きていることにはならない。酒を断ってこそ、自分が生きていることを実感出来る。

 

 酒と自分とは、一体どういう関係なのか。

 これからどう生きて行くのか。

 酒と完全に縁を切りたいのか、ほど良く付き合って行きたいのか。

 

 実際のところ、酒とほど良く付き合えないから、すっぱりと縁を切って、断酒の道を選ぶわけだが。

 

 自分の断酒への思いを、そこまで高めないと、きっと中途半端な結果に終わってしまうことだろう。

 

 さて、タイトルの5・7・5に7・7を付けて、何故命より目前の酒を選ぶのか、私の答えを出してみよう。

 

 『命より 目前の酒 なぜ選ぶ 魔の液体の 呪縛のままに』

 

 それは、酒なる魔性の液体による呪縛が、解けていないからであるし、解こうともしていないからである。

 

 酒(アルコール)は、人をして、不幸のどん底へと貶める、悪魔の液体なのだ。なので、飲んだくれの中には、喜んで命よりも目前の酒を選ぶ人がいる。

 

 酒に脳を支配されたまま、人生の終焉を迎えるなんて、私はイヤだ!

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》