酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

毒入りの 酒飲む人も 好き好きか(断酒6年46日目)

f:id:anomiyakun:20190429230819j:plain

蓼(さんによるイラストACからのイラスト)

 

 私は、テレビは全く見ないが、youtube動画は結構楽しんでいる。

 

 youtubeは、登録してあるチャンネルが更新された時や、また、何か興味のあることについて検索した結果の動画などが、私の視聴対象になっている。

 

 中でも、釣りの動画はよく視聴している。

 

 カメラの性能も上がり、動画編集のソフトの性能も上がり、そして動画を作る人の腕前も上がっており、中々に楽しめる。

 

 魚を釣って持ち帰り、家で調理して料理を並べるまでは面白いのだが、それを食べるとき、必ず、酒を飲むシーンがあるところだけは、閉口してしまう。

 

 酒は、私から見ると、毒入り飲料である。自分の断酒が軌道に乗るまでは、酒を飲む人を見ては、眉をひそめていたのだが、最近は違う。

 

 『蓼食う虫も好き好き』

 

 この諺が浮かぶようになった。私が酒を嫌いでも、人の好みは多種多様であって、この恐ろしいまでの毒入り飲料を好んで飲む人もいるのだ。

 

 蓼が酒で、虫は飲む人。酒飲む人も好き好きで良いし、私がとやかく言えることでもない。とやかく言ったところで、私の独り言に過ぎず、飲んでいる人には何の影響もない。

 

 ただ、ひとつだけ、酒飲む人にお願いがある。酒飲む人が好き好きならば、酒を飲まない人も好き好きであることを、認めてもらいたい。

 

 勝手に好きな酒を飲むのは良しとするけれど、そんな毒入り飲料を、自分以外の人に飲むように勧めたり、強要したりするのは、大間違いである。このことだけは、声を大にして言いたい。

 

 そんなことを思いつつ、ネットのニュースを見ていたら・・・ 

 

 昨日(28日)午後、名古屋の庄内緑地公園で、バーベキューを楽しんでいた人に、悲劇が起きたそうだ。

 

 あるグループ内で口論となり不穏な空気が漂ったところへ、別のグループの男が仲裁に入ったまではいいが、この男が、口論をしていた男性を素手で殴り、殴られた男性は転倒し後頭部を打ち、意識不明の重体とのこと。

 

 殴ったほうの男は、逃走している。

 どうも、双方とも酒を飲んでいたようである。

 

 酒が入ると、こんなトラブルも起きる。

 

 名古屋と言えば、つい先月、オフ会で訪れたばかりなので、このニュースが目に飛び込んで来た時に、ちょっと驚いた。

 

 蓼食う虫、ならぬ、酒飲む人も好き好きで構わないけれど、飲んだ結果起こる悲劇までも、背負えるのだろうか。

 

 とかく、酒は楽しむもの、楽しいもの、とのイメージしかないが、ジェットコースターのように、一気に楽しみの高みから、悲しみの深みへと連れて行かれることもあるのだ。

 

 『飲むならば 覚悟して飲め アルコール』

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》